ギアマニア心をくすぐるレザーマン「マルチツール」の魅力を徹底解説 | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • PR

    刃物・マルチツール

    2022.04.27

    ギアマニア心をくすぐるレザーマン「マルチツール」の魅力を徹底解説

    筆者の私物です。

    携帯しておきたいレザーマン

    もしも旅先やキャンプ場で、車やギアの修理が必要になったら、あなたはどうしますか?

    楽しむための準備はバッチリだったのに、まさかこんな事態になるなんて……と、きっと困ってしまうでしょう。

    レザーマンの創業者、ティム・レザーマンも同じような経験をしました。

    『ドライバーやペンチが内蔵されたマルチツールを携帯しておけば……』との思いを同時に抱きながら。

    トラブルはいつ起きるか分かりませんが、そんな時に対応できるマルチツールがあれば便利ですよね。

    そこで今回はマルチツールの代表格である、レザーマン社のマルチツールの魅力について紹介します。

    マルチツールとは

    マルチツールとは別名、十徳ナイフや多機能ナイフとも呼ばれ、ナイフや缶切り、はさみやドライバーなどのさまざまな機能が1つにまとまったアイテムのことをいいます。

    ほとんどが手のひらに収まるコンパクトなサイズでありながら、いくつもの役割をこなせる万能性を持っているのが特徴です。

    キャンプや登山などのアウトドアシーンはもちろん、日常生活や災害時にも役に立つので、1本常備しておくと便利です。

    レザーマンとは

    ブランドカラーの黄色が印象的です。

    そして、そんなマルチツールを製造しているのがレザーマン社。

    アメリカのナイフメーカーで、社名がそのまま『LETHERMAN』のブランドとなっています。

    冒頭でも述べたように、創始者であるティム・レザーマンが、旅行先で車の故障などのトラブルに遭い、マルチツールの必要性を痛感した事が製品づくりのきっかけとなったそうです。

    日本との関係も深く、日本の高い製造技術に惚れ込んだティムは、名刀の産地で知られる岐阜県関市で初期のナイフを製造していました。新潟や長野、広島で製造が行なわれたこともあり、日本でコアなファンが多いのにはそのような背景があります。

    レザーマンの3つの魅力

    レザーマンのマルチツールが多くの人に選ばれる3つの魅力を紹介します。

    1.25年保証

    レザーマンには、「1つのツールと相棒のように永く愛着と共にお付合い頂きたい。そして困ったユーザーにはフォローを尽くす」という創始者のポリシーがあります。

    そのポリシーを受け継ぎ、レザーマンジャパンツール株式会社の正規輸入品には、25年の保証期間が付いています。この期間中であれば、本体が故障しても無償で修理に応じてくれます。ハードな使用が想定されるマルチツールというアイテムにもかかわらず、これだけ長い期間の保証があるのは、製品に絶対の自信があるレザーマンだからこそできる対応ですね。

    25年の保証書とプレミアムカードです。

    2.さまざまなシーンに対応できる高い機能性

    レザーマンのマルチツールは『予測可能な事態と想定外の事態両方に備える製品』として生み出されました。そのため、過酷な自然環境や災害時での使用はもちろん、日常のちょっとしたDIYなどでも使用できる機能が充実しています。

    例えば、レザーマンのフラッグシップモデル「CHARGE+TTi」では、20もの機能を兼ね備えており、さまざまな状況下を想定して作られています。

    魅力的な機能がたくさん備わっています。

    手のひらに収まるコンパクトサイズです。

    3.豊富なラインナップ

    マルチツールは多くの機能を兼ね備えていても、使用する人によって必要な機能や使い方はさまざまです。

    レザーマンは軍隊や警察などハードな職業で使用できるプロシリーズから、ポケットサイズのお手軽なシリーズ、持ち運びがラクなウェアラブルシリーズまで、多種多様なラインナップがあります。そのため、自分のスタイルにあったシリーズを見つけることができます。

    1つのシリーズでも豊富な種類がラインナップされています。

    レザーマンをキャンプに活かす!

    魅力が詰まったレザーマンのマルチツール。続いては、キャンプに活かせる代表的な機能について紹介します。

    直刃ナイフ、波刃ナイフ

    マルチツールナイフは基本的に折りたたみタイプのため、ロック機能が必須です。レザーマンのナイフは、ライナーロック機構を備えているため安全に使用できます。

    また、ナイフがハンドルの外側に装備されているので、ツールをあけなくても取り出せるのも特徴的。

    直刃ナイフ。ハンドルがしっかりしているので、力を入れても安定して使うことができます。

    波刃ナイフ。滑りやすいパラコードも簡単に切れます。

    直刃ナイフは、フェザースティック作りなどに使用できます。

    一方、波刃ナイフは、パラコードなど滑りやすく柔らかい物を切る場合に適しています。

    ロック部分(赤丸)を押すことでナイフを閉じることができます。

    のこぎり

    硬い木も難なく切れます。

    外開き刃付けになっているため、水分を含んだ生木や樹液の多い木でもスムーズに切ることができます。

    ちょっとしたブッシュクラフトをする際にあると便利な機能です。 

    ワイヤーカッター

    ワイヤーも簡単に切断できます。

    2mm程度のワイヤーや針金を、スムーズに切断できます。薪をとめてあるワイヤーを切るときなどに使用できます。

    栓抜き・缶切り

    栓抜きは瓶ビールなどを開けるときに使用します。使う頻度は少ないですが、必要となった時にあると便利です。

    近年、缶詰レシピのレパートリーが増えています。手軽に楽しめるためキャンプで挑戦する人も多く、缶詰を開けるときに缶切りは重宝する機能です。

    缶切りは缶詰料理の強い味方です。

    プライヤー(ペンチ)

    アルコールストーブの火を消すときにも便利です。

    レザーマンのプライヤーは、薄紙一枚を確実に掴むことができるほど精巧な作りの上、頑丈に造られています。そのため、細かなものをつかむことや、直接持てない重いものを持ち上げるときにも使用できます。

    キャンプでは、アルコールストーブやダッチオーブンの熱くなった蓋を持つときや、クッカーなどを持ち上げる際に役立ちます。

    ドライバー

    ドライバーがあればギアの調整もすぐに対応できます。

    キャンプ場でチェアのねじがゆるんで座り心地が悪くなったことはありませんか?自宅に帰ってから……と思っていても忘れてしまい、いつまでもねじがゆるみっぱなし、なんてことも。

    レザーマンのドライバーがあれば、その場ですぐに対応することができます。

    はさみ

    はさみは片手で使用できます。

    レザーマンのはさみは、親指一本で開閉することができます。細かな対応ができるため、紙類、食品の袋などを切る場合はナイフよりこちらが適しています。

    まとめ

    レザーマンのマルチツールには魅力がつまっていますね。

    レザーマンはその機能性の高さから、「手の平サイズの工具箱」と例えられるほど魅力的なマルチツールブランドです。

    充実した機能を知れば知るほど、いろいろ試してみたくなるのではないでしょうか?

    また、レザーマンの正規輸入品では、無料で自分の名前を入れられるサービスもあります。

    高い機能性はもちろんのこと、名前が入って唯一無二のマルチツールになるというのも魅力的ですよね。

    ぜひ、自分のスタイルに合ったレザーマンのマルチツールを見つけていただければと思います。

    レザーマン
    CHARGE+Tti

    重量:全長10cm(プライヤー収納時)
    ナイフ刃渡7.3cm
    重さ252g


    【参考記事】キャンプでおすすめのアウトドアナイフ44選!料理、薪割り、ブッシュクラフトに

    私が書きました!
    アウトドアママライター
    井上京子
    キャンプ歴30年。社会人になりアウトドアから少し離れるも、キャンプマニアの夫と結婚して再びアウトドア魂が覚醒。ハイクオリティのギアはもちろん、PB品や100均を使った『気負わないキャンプ』をモットーにアウトドアライフを満喫中。現在はキャンピングカーも所有し、家族で時間を気にせず日本中を旅することが夢。

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14

    トヨクニの包丁をアウトドアにもっていくならこれ!小ぶり包丁+ナイロンケースが最強

    2024.03.05

    ヘレナイフからナイフカバーが登場!お気に入りの1本を大切に保管しよう

    2024.02.17

    ベアボーンズだから頼もしい! 万能フィールドナイフを腰に下げてフィールドへ

    2024.01.26

    無人ビーチで実証!かほなん監修の新型「さばいどるナイフ」はサビに強し

    2024.01.12