手ぶらで行ける! 親子キャンプにおすすめのキャンプ場 | キャンプ場 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

手ぶらで行ける! 親子キャンプにおすすめのキャンプ場

2015.07.17

こんにちは、子連れライター渡部郁子です。取材のときも、打ち合わせのときも、山に行くときも、フェスに行くときも、いつも子どもを連れています。
もちろんキャンプに行くときも、一緒。子どもは何歳からキャンプに連れて行って大丈夫? とよく質問されますが、何歳だって大丈夫。0歳だって連れて行けます。ただ、子どもが小さいうちは、たくさんの荷物を運ぶのが大変だし、子どもの相手をしながら作ったり片付けたりするのがひと苦労。だから私たち親子がキャンプをするときは、手ぶらで行けるキャンプ場を選びます。

THE THIRD PARK KAWAGUCHI-LAKE

赤ちゃんがいても、キャンプを楽しみたい!

キャンプは本来、不便を楽しむもの。確かに、子どもが小学生ぐらいになったら料理を手伝ってもらったり、テントの中で夜の暗闇を楽しんだりするといった、非日常体験をさせたいものです。でも、子どもがまだ乳幼児だったらそうはいきません。テントを立てるときも、料理を作るときも、誰かが子どもをつきっきりで見ていなければなりません。みんなで協力して作業すべきアウトドアの世界では、どうしても人手が不足します。まだ立てない赤ちゃんなら、寝かせておけるスペース作りが必要だし、火の置き場所やテーブルのセッティングにも気を使います。オムツやタオルなど、荷物もかさばります。アウトドアの定番料理は赤ちゃんには食べづらいし、汗をかきやすい赤ちゃんなら、できれば入浴もさせたいでしょう。

小さな赤ちゃんを連れて通常のキャンプをしようとすると、夫婦二人ではへとへとになってしまいます。だから初めてのキャンプなら、なるべく設備が整っていて、手ぶらで楽チンできるキャンプ場がおすすめです。

初めての親子キャンプにおすすめのキャンプ場とは?

THE THIRD PARK KAWAGUCHI-LAKE

山梨県にある「森と湖の楽園」内、2015年4月にオープンした「THE THIRD PARK KAWAGUCHI-LAKE」に行ってきました。何もかも手ぶらでOK、しかもテントはすでに設営済み、後片付けもほとんど必要ないので、子どもと一緒にのんびり自然を満喫できます。キャンプを楽しみたいなら「フォレストキャンプ」、自然を満喫したいなら「ブリーズドーム」と、どちらも豪華で快適な二つのプランが用意されています。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプ場 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 公式通販サイト BE-PAL 野遊び道具店 季節に合わせたアウトドアグッズや毎日の生活に取り入れたいアウトドアライフスタイルグッズを取り揃えています。
  • BE-PAL FOREST CAMP 2021 @online 10.2(土) 15:00〜 START!参加無料 YouTube ライブ配信で開催!
  • BE-PAL FOREST CAMP2020 @online 参加無料 2020.10.3sat 15:00〜 YouTube ライブ配信で開催!
  • BE-PAL FOREST CAMP2019 10.5sat-6sun@PICA八ヶ岳明野 八ヶ岳に囲まれた芝生の気持ちのいいキャンプ場で、のんびり楽しめるキャンプイベント!
  • 大人の逸品
  • bp
おすすめサイト
  • @DIME
  • サライ.jp
  • リアルキッチン&インテリア
  • Mens Beauty
  • PETomorrow
  • 大人の逸品
【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。