丸い槌目と柄のくぼみがチャーミング! 新潟県三条の鍛造鉈 | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2022.05.29

    丸い槌目と柄のくぼみがチャーミング! 新潟県三条の鍛造鉈

    丸太の上に鉈2本。

    左が「両刃鉈」。右が「竹割り鉈」。

    刃の表面に丸い槌目(ハンマーで叩いた跡)がボコボコと付いていて、かわいらしい鉈である。

    とくに写真左の「両刃鉈」は、刃長が短くて寸詰まりの感じと、刃厚が厚くてゴロっとした感じがチャーミングだ。全長は短いけれど、刃が厚いぶん重さがあるので、太い薪をガシガシ割っていくことができる。

    もう少し軽い鉈がお好みならば、刃厚が薄くて刃長が長い「竹割り鉈」もある。こちらも両刃だが、その名の通り、竹を小割りするような細かい作業に向いている。

    どちらも、刃物の産地として名高い新潟県三条市で鍛造されている。刃の素材は、ステンレスではなく炭素鋼なので研ぎやすく、研げばすぐに切れ味が戻る。

    ステンレスより錆びやすいが、使用後はよく拭いて付属の錆び止め油を塗ることで、錆びを防ぐことができる。

    柄は、硬質なことで知られる樫材を使用。握ったときに指がしっかりかかるようにくぼみが付けられていて、そのくぼみがまた手作り感があふれていてかわいらしい。

    「両刃鉈」で薪を割っている。

    「両刃鉈」で薪割り。

    「竹割り鉈」で竹を割っている。

    「竹割り鉈」で竹を割る。

    鉈を鞘に入れて腰に下げている。

    どちらも牛革製のケースが付属。これは「両刃鉈」。

    「竹割り鉈」を腰に下げている。

    「竹割り鉈」のケース。

    「両刃鉈」の背。

    「両刃鉈」。刃厚00.9cm、全長28.5cm、刃長13.5cm、重さ765g。

    「竹割り鉈」の背。

    「竹割り鉈」。刃厚0.5㎝、全長33.5cm、刃長18.5cm、重さ420g。「両刃鉈」も「竹割り鉈」もパラコードが付属している。

    ※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

    槌目両刃鉈・槌目竹割り鉈

    • 「両刃鉈」:14,300円
    • 「竹割り鉈」:14,300円

    https://www.pal-shop.jp/category/IP_001_800_003_001/A55206001.html

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14

    トヨクニの包丁をアウトドアにもっていくならこれ!小ぶり包丁+ナイロンケースが最強

    2024.03.05

    ヘレナイフからナイフカバーが登場!お気に入りの1本を大切に保管しよう

    2024.02.17

    ベアボーンズだから頼もしい! 万能フィールドナイフを腰に下げてフィールドへ

    2024.01.26

    無人ビーチで実証!かほなん監修の新型「さばいどるナイフ」はサビに強し

    2024.01.12