【ナイフのDIY】人気のモーラナイフのブレードだけ購入し、オリジナルハンドルを自作してみる | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

【ナイフのDIY】人気のモーラナイフのブレードだけ購入し、オリジナルハンドルを自作してみる

2022.03.13


DIYしたナイフハンドル木製とシカの角製

キャンプシーンで欠かせない相棒といえば、やはりナイフだろう。数あるアウトドア用ナイフの中で、定番ブランドの一つがモーラナイフ。使いやすいデザインと優れた耐久性を持ちながら、手ごろな価格のモーラナイフは非常に魅力的。そんなモーラのナイフブレードが、ハンドル無しの状態で手に入るとの情報を得た。

刃だけの状態で購入できるモーラのナイフブレード

ナイフのDIYは愛好家も多く、金属板をヤスリで削り出したりは当たり前で、自家製の炉で鍛造したりする猛者までいる奥深い世界だが、最難関のブレードが通販で手に入るなら、より気軽に個性豊かなオリジナルナイフに挑戦できる。

試しに「モーラ ナイフ 刃だけ」でインターネット検索してみれば、多くの情報とともに、販売サイトも複数出てくる。価格も1本が1,500円〜2,000円程度と非常にリーズナブルだったので、早速購入手続きをしてみた。

ブレードのみ売られているモーラーナイフ

刃だけの状態で購入できるモーラのナイフブレードは複数種類あるが、その中から私が選んだのは、最もスタンダードな「Knife blade No1」。細身でアウトドア調理にも使いやすいデザインが気に入った。

基本編 木製ナイフハンドルを作ろう

ではここから早速、オリジナルのハンドルを作っていきたいと思う。今回使用する材料、ブレードと木材

材料

  • モーラナイフブレード 1本
  • 好みの木の板(厚さ10mm程度) 1枚
  • 径5mmの木の丸棒  1本

その他工具など

  • 2液混合型エポキシ接着剤
  • 彫刻刀セット
  • ノコギリ
  • クラフトナイフ
  • ドリル(木工用 φ5mm)
  • 木工用ヤスリ(大・小)
  • サンドペーパー
  • クランプ
  • エゴマ油

作り方

1 木の板を切り出す

木材を切り出す
板は好みの樹種を選ぼう。なるべく硬質な木を選ぶとハンドルとして長持ちするが、堅い木は加工が難しい。今回は春に向け桜の板を選んでみた。この板を30mm×120mmの大きさで、2枚切り出す。

2 板にタングがはまる溝の形を写す

ブレードの溝の形を鉛筆で写し描く
タングとはハンドル材の内側に入る金属部分のこと。この形状を鉛筆を使い、板に写しとる。この際、板の中心線を描き、その線に沿ってブレードを置くと、2枚の板でズレがおきない。左右でブレードが裏表になるように注意!

3 タングを固定する目釘の穴を開ける

木材に描かれたブレードの柄の部分の形
モーラブレードのタングには、写真のような切り欠きがある。ここにブレードの抜けを防ぐための目釘を引っ掛けるのだ。

ドリルで木材に穴をあける
直径5mmの木工用ドリルを使い、目釘が入る穴を開ける。この穴の位置は重要なので、ずれないように気をつけてあけよう。

4 板に溝を掘る

彫刻刀で木材に溝を彫る
いよいよ板に溝を掘っていく。加工に使う道具には小学校で使った彫刻刀をチョイス。

彫った木材にブレードを合わせてみる

木材と彫刻刀、木材は少しずつ削っていく
ブレードの厚さは2mmなので、それぞれの板に掘る溝の深さは1mm。深くなりすぎたり、溝の中に高低差があると、ブレード をはめたときにガタが出る。一気に掘らず、試しにはめてみながら少しずつ掘るように。

5 ハンドルを接着する

市販の接着剤
ハンドルの固定には接着剤を使う。金属と材木が接着できるものなら何でも良いが、ナイフDIY愛好家が好んで使うのは2液混合型エポキシ接着剤。

接着剤を混合させる

木材に塗られた接着剤
2つの液を混ぜ合わせ、ヘラでハンドルにたっぷりと塗り付けよう。

木材に棒を差し込む
目釘に使う木の丸棒を適当な長さに切り、穴に差し込む。

木材にブレード部分を合わせる
次にブレードのタングを溝にはめる。

木材を上下合わせる
上からもう片方のハンドルをかぶせ、ピッタリと合わせる。ここで溝掘りの正確さが問われるのだ!!

木材をクランプで固定する
エポキシ接着剤の硬化時間は約10時間。クランプでしっかりと固定し、一晩以上は安静に置くこと。

接着剤を硬化するのを待つ
ワンポイント
クランプでねじ込むと、接着剤が染み出してくる。ハンドル周りは後で削るので問題ないが、ブレードに付着したものは硬化する前に拭き取るように。アルコールを使うと、キレイに落ちる。

6 ハンドルの整形を始めよう2枚の木材で固定されたブレード

余計な木材をカットする
一晩待って、しっかりと接着がされた。まずはノコギリではみ出た目釘の丸棒を切断する。

木材に厚紙を貼りつける
次にブレードへの傷つき防止と作業の安全のために、ブレードに厚紙を貼り付ける。

ナイフで柄を削っていく

木材をヤスリで削る
ここからはウッドクラフト。ナイフとヤスリを使い、好みのデザインにハンドルを整形していく。少し削るたびに握り心地を確かめ、全体のバランスを見ながら加工を進めよう。

7 最後の仕上げ

木材をサンドペーパーで仕上げる
納得のいくまでハンドル加工ができたら、サンドペーパーを使い磨きあげる。120番くらいから始め、240番、400番と進めるとよい。どこまで細かく磨くかは自分次第だ!!

形成した木材にオイルを塗る
ペーパーがけが終わったら、オイルフィニッシュで仕上げる。オススメはエゴマ油。少量を時間をかけ磨くように塗り込むと良い。

8 完成!!

手作りハンドルがついた完成品
ついに完成だ。使い込むことで、また違った顔を見せてくれるのも木製ハンドルの魅力。フィールドに持ち出し、思う存分にオリジナルナイフを楽しんでほしい!

応用編 ディアホーンハンドルにも挑戦!

シカの角
実は先日、近所の猟師さんから鹿肉と一緒に、立派な角をもらった。せっかくなので、これもナイフハンドルに加工してみよう!!

材料

  • モーラナイフブレード 1本
  • 鹿の角 1本
  • 径5mmの木の丸棒  1本

その他工具など

 

  • 2液混合型エポキシ接着剤
  • 金属用ノコギリ
  • ドリル(鉄工用 φ5mm)
  • 鉄工用ヤスリ(大・小)
  • 電動リューター
  • 電動ディスクグラインダ
  • クランプ

作り方

1 角の切断

シカの角を切る

シカの角の直線部分を切り出す

切り出した直線部分の角を縦方向に切る

縦方向に切られたシカの角の断面
鹿の角は硬いので、金ノコを使って切断した。中心線をずらさぬよう、縦に半分に切るのが難しい。

2 タングを写して目釘の穴あけ

シカの角の断面にブレードの柄の輪郭を描き写す

シカの角にドリルで穴をあける
木製ハンドルと同じく、タングの形を写しとり、目釘の穴をあける。今回はハンドル表面に丸棒が見えると変なので、ドリルが貫通しないようテープで目印をつけ作業した。

3 いよいよ溝掘り

電動リューター

リューターで溝を彫る

シカの角に溝を作りブレードの柄を当てる
いろいろ試したのだが、やはり角は硬い。そこで電動リューターを使うことにした。リューターは先端ビットが高速回転し、素材を切削する工具。深さを1mmに合わせ、慎重に削る。

4 ハンドルの接着

シカの角に穴をあける

シカの角に丸棒を差し込み、ブレードの溝を噛ませる

半分に割ったシカの角の間にブレードを挟む

ブレードの柄の部分にシカの角を合わせる

柄の部分に接着剤を塗り、クランプで固定する

エポキシ接着剤を使い、角のハンドルに目釘そしてタングを接着し、クランプで固定し一晩置く。

5 ハンドルの整形

シカの角をヤスリで成型する

電動ディスクグラインダーでシカの角を成型する

しっかりと接着されたことを確認し、ヤスリで角を整形するが、硬い……。痺れを切らし、電動ディスクグラインダを取り出して研磨。電動工具はやはり速い。が、削り過ぎには注意が必要だ。

6 完成

シカの角の柄がついたナイフ
ディアホーンハンドルのモーラナイフが完成。木製とは違った硬質な手触りで、高級感たっぷりだ。見た目もワイルドで満足度の非常に高い逸品ができた。

皆さんもこの記事を参考に、自分だけのオリジナルナイフに挑戦してみてほしい!!

私が書きました!
アウトドア&DIYカメラマン
阪口克
1972年生まれ。オーストラリア大陸1万2000kmを自転車で一周し、帰国後フリーランス。日本航空機内誌のカメラマンを長年務めるほか、多くのアウトドア雑誌で取材撮影を担当する。自宅は家族・友人とセルフビルド。旅と自然の中の暮らしがテーマ。著書に『家をセルフでビルドしたい』(文藝春秋)、『焚き火のすべて』(草思社)、『ファイアーサイドクラフト』(山と渓谷社)ほか多数。オーストラリア担当の写真家として参加した『世界のともだち』(偕成社)で第64回産経児童出版文化賞大賞を共同受賞。(社)日本広告写真家協会会員。
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。