奥利根のキノコ番長が愛用する逸品「キノコ鎌」を知っていますか? | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2016.11.17

    奥利根のキノコ番長が愛用する逸品「キノコ鎌」を知っていますか?

    12-10-1

    「キノコ採りのとき山へ持っていく道具? そんなにはねえぞ。剣鉈だろ。ザックだろ。おっと、大事なのがあった。鎌だよ。杖代わりだからあんまり意識したことなかったけど、考えてみりゃ、キノコ採りではいちばんよく使うな」

    自然ガイド・高柳盛芳さん。1954年、群馬県みなかみ町生まれ。奥利根地域の釣り、クマ撃ち、山菜・キノコ採りに精通した日本のマウンテンマン。

    自然ガイド・高柳盛芳さん。1954年、群馬県みなかみ町生まれ。奥利根地域の釣り、クマ撃ち、山菜・キノコ採りに精通した日本のマウンテンマン。

    と、奥利根の番長、モリさんこと高柳盛芳さんが車から取り出したのは、柄の長い小鎌だった。

     

    近在の老刀鍛冶に剣鉈を頼んだとき、一緒に鍛えてもらったものだ。使っているハガネは玉鋼。日本刀に使われている伝統的な炭素鋼だ。なりこそ小さいが、鎌の峰はしっかり厚く、肌には荒々しい鎚目が残っている。

    藤原国武五代壽宗作。刃長 8㎝の片刃鎌。「ハガネは裏 (接地面)に付いているんだが、 微妙に反りが入れてあって、 使いやすいんだよ。ああ、余 計なものを引っ掛けないよう にしてあるんだ。鍛冶屋の知 恵っていうのはすごいなと思 ったね」(高柳さん)

    藤原国武五代壽宗作。刃長8㎝の片刃鎌。「ハガネは裏(接地面)に付いているんだが、微妙に反りが入れてあって、使いやすいんだよ。ああ、余計なものを引っ掛けないようにしてあるんだ。鍛冶屋の知恵っていうのはすごいなと思ったね」

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    ブレードはトヨクニが鋳造!重量わずか20gの立つミニナイフあります

    2024.07.16

    キャンプでの薪割りに必要な道具は?やり方は?手順を解説&おすすめアイテムを紹介

    2024.07.14

    ヘレナイフの人気クラシックナイフが10年ぶりにカムバック!オールラウンダー「フューチュラ」

    2024.07.07

    焚き火で活躍する手斧!「まさかり斧」と「スウェーデン斧」どっちがおすすめ?

    2024.06.25

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14