【長野修平の青空工房 第15回】フィールドが恋しくなる自然木のフレーム【前編】 | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル - Part 2

【長野修平の青空工房 第15回】フィールドが恋しくなる自然木のフレーム【前編】

2016.11.19

枠を作る

キ369ャプチャ

2本の丸太を割る。割ったあと左右対称の形になるよう、鉈を木の芯に据えて慎重に。

キャ569プチャ

割った面のささくれを鉈で削ぎ取り、水平に整える。割った4つのパーツを同じ厚みに整形。

236キャプチャ

フレームの内寸を決め、それに合わせて割った木の両端を45度にカットする。

キャプ278チャ

4つのパーツを同様に切り出したら、角の合わせる部分を接着剤で仮り留めする。

キャ58プチャ

キャプチ025ャ

まず木ねじ用のガイド穴をあけ、さらに同じ場所に太いドリルでダボ用のガイド穴を空ける。

キ258ャ2プチャ

木ねじを斜めに打ち込み、角を固定。上からダボを差し込むのでねじ頭が隠れる深さまで。

キ015ャプチャ

木ねじの上から穴に接着剤を流し込み、ダボを金槌で打ち込む。これを1角につき2か所。

キャ0369プチャ

接着剤が乾いたら、飛び出したダボをのこぎりで切り落とし、平らにする。

キャ026プチャ

ダボの切断面や角の出っ張りなど、気になるところをサンドペーパーで磨いて整える。

キ048ャプチャ

木の表面はビニールたわしで磨き、余計なささくれや汚れを取って滑らかにする。

次回は、裏面を作って完成させます!

教えてくれた人

キャプ5555チャ

長野修平さん
自然素材にこだわった物作りを得意とする、ネイチャークラフト作家。「製材された木よりも、自然木のほうが圧倒的に個性的なフレームになる」。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。