太陽よ集まれ???[読者投稿記事] | 焚き火のコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 太陽よ集まれ???[読者投稿記事]

    2021.03.31

    4月号ビーパル付録のミニ焚き火台。
    こどもたちの相棒だ。

    この相棒には自粛生活の時に幾度となく助けられた。

    先の見えない生活。

    学校も休み、友だちとも遊べない、どこにも出かけられない…。

    オオイヌノフグリが咲き、冬眠から覚めたカエルが卵をうみ、オタマジャクシが泳ぐ。

    冬から春へ。
    ポカポカと気持ち良い季節に入っても自粛生活は続いた。

    そんな日々の日課は河原を散歩。
    変わりゆく季節を感じながら。

    天気の良い日には、虫メガネと、割り箸と、鉛筆、紙、相棒のミニ焚き火台を持って、人のいない河原に降りる。

    そして相棒を組み立てる。

    紙を鉛筆で黒く塗りまくる。
    そこら辺の葉っぱや小枝、こどもたち曰くモジャモジャさんを集める。

    葉っぱはと小枝は焚き火台に設置。
    モジャモジャさんは塗りつぶした紙の上は置いて…
    そして、虫メガネで…全集中‼︎

    太陽の光よ、集まれ〜‼️

    一点に集まれ〜‼️‼️

    何度も試して、光を一点に集まるコツをすっかり掴んだね。弟に伝授。

    どうか、家で、学校で、やらないでおくれ。

    見事火起こし成功〜!

    ウィンナーやマシュマロでも焼いて食べたい気分だね。でもステイホームなので火起こしのみを堪能。

    こんな感じで楽しんでました。

    火が大きくなってきたら、石ころを並べて安全にも配慮‼︎笑。

    そこらへんのもの全てが遊び道具。

    この焚き火台の良いところは、とてもコンパクトな所。
    保育園で使ってたコップ袋に入れて、いつでもどこにでも出動出来る様にしてるこどもたち。

    こんなにコンパクトなのに、一丁前のミニ焚き火台。
    これこそ我が家のマイベストビーパル付録です‼︎

    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    みーちゃんさん

    男の子2人のお母さんです。
    キャンプ、川遊び、磯遊び、木の実拾い。
    こどもと一緒になって遊ぶことに大忙しです。
    家では近くの森や川などで捕まえて来た
    トカゲ、カナヘビ、ヤモリ、ドジョウ、ナマズ、川魚、メダカ、クワガタ、カブトムシに囲まれて生活しています。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 焚き火のコツ 』新着編集部記事

    焚き火シーズン到来!プリミティブな着火材「シラカバの樹皮」の仕込み方法を紹介!

    2022.09.24

    猟や山菜採りは人間の原点。秋山郷マタギの自作小刀と焚き火術

    2022.06.17

    ブッシュクラフトの達人の焚き火術。焚き火用三脚の作り方も!

    2022.06.16

    ナイフ1本で作る小さな火!ブッシュクラフトの達人が教える焚き火のやり方

    2022.06.09

    流木は薪として使える?流木を実際に焚き火に使ってみた結果

    2022.06.05

    キャンプ場でいざ焚き火! 初めてでも安心「火おこしの基本のき」

    2022.06.02