ネイチャーストーブで火起こしキット作ってみた[読者投稿記事] | 焚き火のコツ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ネイチャーストーブで火起こしキット作ってみた[読者投稿記事]

    2019.03.25

    付録のネイチャーストーブのサイズが取っておいたチョコレート缶にぴったり!ちょっとときめいちゃったので火起こしキットを作ってみた。

    ストーブを重ねた合間に、防水マッチ・メタルマッチ・ワセリンティンダーを挟み、その下にはチャークロスと火口用麻紐を入れてあります。

    防水マッチはロウを使うと着火の際に擦り紙が目詰まりするのでマニキュアでコーティングします。外国製のマッチは、日本の湿度では使えないので国産の安いマッチが良いです。

    メタルマッチは高温の火花が出ますが、それでも火口はあった方が良いです。麻紐やワセリンティンダーはそのときにほぐして使います。ワセリンティンダーは綿球に溶かしたワセリンを染み込ませるだけなので作るのは簡単。

    最も小さな火花を捕まえるのはチャークロス。布で作った炭です。これを準備なしの野外で作るのはけっこう厳しいので最初から入れておきます。アルミホイルで包んでるのもバッテリーで着火に使えるから。
    これだけ火起こしの方法を詰め込んでおけば火の調達に不安は無し!

    今回は普段使い用に作りましたが、サバイバルキットとして作るときはメタルマッチのハンドルを外して小型化するとスペースを取りません。

    Facebookも参考に(・ω・)ノ
    https://www.facebook.com/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%82%B9%E3%82%AB%E3%82%A6%E3%83%88%E7%9B%9B%E5%B2%A1-%E7%AC%AC12%E5%9B%A3-1789975621329281/

    一覧


    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    BS12たかし隊長さん

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 焚き火のコツ 』新着編集部記事

    焚き火シーズン到来!プリミティブな着火材「シラカバの樹皮」の仕込み方法を紹介!

    2022.09.24

    猟や山菜採りは人間の原点。秋山郷マタギの自作小刀と焚き火術

    2022.06.17

    ブッシュクラフトの達人の焚き火術。焚き火用三脚の作り方も!

    2022.06.16

    ナイフ1本で作る小さな火!ブッシュクラフトの達人が教える焚き火のやり方

    2022.06.09

    流木は薪として使える?流木を実際に焚き火に使ってみた結果

    2022.06.05

    キャンプ場でいざ焚き火! 初めてでも安心「火おこしの基本のき」

    2022.06.02