私の一生モノは50年前に購入した4徳ナイフ。[読者投稿記事] | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2021.04.30

    私の一生モノは50年前に購入した4徳ナイフ。[読者投稿記事]

    すでに一生モノになりつつあるのがこのナイフです。
    昔、林間学校のキャンプ用に地元のスポーツ用品店で購入しました。金額がいくらだったのかは覚えていません。その後、たまにキャンプに行くときにも持って行き料理や食事に活躍していました。サイズが小さくても特に不便と感じたことはなく、これと箸があれば十分だと思っていました。

    30数年前、バイクでのソロキャンプを始めた頃も、これを持っていってカレーを作っていました。当時は近くにアウトドア用品を売っているところがなかったので、これで十分だと思っていました。今でもキャンプに行くときに、予備のツールとして持参することがあります。これがあればなんとなく安心なんです。

    あと、製造メーカーが分かりません。どこなんでしょうかね。

    付属のツールはナイフ、フォーク、スプーン、缶切りの4つ。見た目は華奢な感じですが結構頑丈で壊れたことはありません。安いツールナイフに付いている缶切りは使えないものが多いのですがこれはよく切れます。ツール類はステンレス製でハンドル材はジグドボーンという骨素材のものと思われます。

    出番があまりなくなったナイフですが、キャンプの思い出が詰まっているモノなので、これからも大事に使っていこうと思います。

    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    O.D.C.Toshiさん

    キャンプ、ツーリング、トレッキング等、日々アウトドアを楽しんでいます。
    ハンドメイドで色々作るのも大好きなオヤジです。

    YouTubeでもアウトドア関連を発信しています。
    https://www.youtube.com/channel/UCv_FFvlJ61BzeAMrKCjHo5A

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    ブレードはトヨクニが鋳造!重量わずか20gの立つミニナイフあります

    2024.07.16

    キャンプでの薪割りに必要な道具は?やり方は?手順を解説&おすすめアイテムを紹介

    2024.07.14

    ヘレナイフの人気クラシックナイフが10年ぶりにカムバック!オールラウンダー「フューチュラ」

    2024.07.07

    焚き火で活躍する手斧!「まさかり斧」と「スウェーデン斧」どっちがおすすめ?

    2024.06.25

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14