自作ティピー[読者投稿記事] | 自作・DIY 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 自作ティピー[読者投稿記事]

    2018.09.12

    約10年前に、年越しキャンプをした時に、風が吹くととても寒くてツラかったので、防風対策をいろいろ調べていて、ティピーが売られていることを知りました。しかし、自分が見たものは、お値段が20万円前後と、とても手が出ませんでした。
    そんな時に、ホームセンターでイザキのイレクターパイプを見かけて、「コレだ!」とひらめき、ティピーを自作することを決意しました。
    実地で使いながら少しずつ改良を重ねて、今では、バージョン2.4くらいになり満足いくものが出来ました。車のルーフボックスに収まる可搬性とポールの長さが約4mほどの9角すいの居住性が自慢です。
    天幕は最初はブルーシートを使っていたのですが、数年前にホームセンターで防炎シートを特注しました。白い壁になったので、ポータブルプロジェクターで映画を写したり、キャンプの楽しみが広がりました。また、内側の上部が煙で燻されて飴色に染まってきて、経年変化も楽しんでいます。
    これを作って以来、夏の混んでるキャンプ場に行きたくないのもあって、キャンプのメインシーズンは秋冬に完全に移行しました。

    毎年行けるのは3,4回ほどですが、まだまだ活用していきたいと思います。

    ふもとっぱらにて

    経年変化で上部が飴色に染まってきてます。

    初期はブルーシートだったので、どこかの河川敷な感じが否めませんでした(笑)。


    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    ふーみんさん

    焚き火が大好き。9年前にティピーを自作しました(アイコン写真)。それ以来、キャンプのメインシーズンは秋冬になりました。一昨年、DIYキャンプ道具2作目として七輪タンドールを作りました。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 自作・DIY 』新着編集部記事

    そろそろ冬支度!ベランダ栽培のローズマリーで、うがいやヘアケアに使える「ハーブチンキ」作りを

    2022.11.12

    都心に住むDIY好きの人を応援する体験型のホームセンター「DCM DIY place」に行ってみた

    2022.11.12

    実は元祖だった!ブラック・アンド・デッカーのエコなハンディクリーナーでテントも簡単お掃除

    2022.11.07

    旅の思い出にいかが? 箱根強羅公園の「クラフトハウス」でとんぼ玉作り

    2022.10.23

    焚き火調理に必要なトライポッドを作る!初心者でも簡単にできる方法を紹介

    2022.10.17

    いも掘りシーズン到来!さつまいものつるを活用してリースを手作りしてみよう

    2022.10.08