密閉フタ付きで冷たさをキープできるジョッキ!スタンレー(STANLEY)のクラシック真空スタイン[読者投稿記事] | ドリンクボトル 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • ドリンクボトル

    2018.09.06

    密閉フタ付きで冷たさをキープできるジョッキ!スタンレー(STANLEY)のクラシック真空スタイン[読者投稿記事]

    スタンレー(STANLEY)のクラシック真空スタインは、“ビール愛好家におすすめ”という触れ込みの真空断熱のジョッキです。容量は0.7Lで350mlの缶ならまるごと1本入っちゃうサイズです。写真はAmazonで購入した並行輸入品のブラックで、それ以外のカラーバリエーションはスタンレーではおなじみのクラシカルなグリーンがあります。

    フタは掛金でガッチリ固定されるタイプで密閉性は高いです。うっかり倒してしまったぐらいでは漏れてきませんでした。

    フタを開けるとこんな感じ。密閉性が高い分、フタが分厚い印象です。

    ハンドルを握った時のにフタの付け根にあるグリップがちょうど親指で抑えられるようになっていてフタがぐらぐらすることはありません。

    ジョッキタイプの良いところとして口が広いのですごく洗いやすいです。大きめのスポンジが余裕で入っちゃうぐらいです。

    そのまま手を突っ込んでガシガシ洗うことができます。蓋付きの商品でここまで洗いやすいのは珍しい気がするので、メンテナンス性重視の方にはおすすめです!

    以上、スタンレー(STANLEY)クラシック真空スタインの紹介でした!タンブラーなどに比べるとサイズは大きいですが、冷たい飲み物をガブガブのみたいという方にはおすすめです!是非お試しあれ。


    ※こちらの記事は過去の読者投稿によるものです。

    tukapaaaaanさん

    最近キャンプに興味を持ち始めた野郎です。キャンプ以外では水族館が好きです。

    NEW ARTICLES

    『 ドリンクボトル 』新着編集部記事

    スタンレーの最新クーラーカップなら、缶もドリンクもずっと冷たいままキープ

    2024.06.29

    アウトドアには水筒を持って行こう。おすすめの商品を9個紹介

    2024.06.10

    「ハイドロフラスク」新作はシェイカーボウル!スムージーやプロテインをおしゃれにシェイク

    2024.05.20

    サーモス「真空断熱ケータイマグ」の内筒に縦のつなぎラインが見えなくなった意外な理由

    2024.05.11

    クージーでキンキンに冷えたドリンクを飲もう!おすすめモデル7選

    2024.05.10

    スタンレータンブラー7選|アウトドアでも日常シーンでも大活躍のおしゃれタンブラー

    2024.05.08

    サイズ別のおすすめ水筒11選!容量から素材、携帯性まで徹底解説

    2024.04.17

    おしゃれな自転車ボトルを探しているなら、台湾発ブランド「KiLEY」のステンレスボトルはどう?

    2024.04.16