唯一無二のスタイルで焚き火をしよう!コールマン「ファイアーディスク ソロ」は3秒で使える焚き火台! | 焚き火・火おこし道具 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 焚き火・火おこし道具

    2021.11.07

    唯一無二のスタイルで焚き火をしよう!コールマン「ファイアーディスク ソロ」は3秒で使える焚き火台!

    筆者私物。

    脚を広げるだけで使用可能!シンプル設計の美しい焚き火台

    周囲の木々がうつりこむ、美しい立ち姿。

    コールマンが販売する小型の焚き火台、ファイアーディスク ソロ。

    もともと販売されていた「ファイアーディスク」を、そのまま小さくした製品です。

    ゆるやかなカーブを描くシルエットに、周囲の風景がうつりこむ鏡面処理。キャンプ用品の枠を超えた芸術的なデザインに、心が惹きつけられます。

    使うのをためらってしまうほど美しい焚き火台ですが、実用性もかなりのもの。

    脚を起こすだけ。しっかりロックされます。

    底部に折りたたまれた3本の脚を、カチッと起こすだけで準備完了。ケースから取り出して、わずか3秒で使えます。

    ソロキャンプ向けの焚き火台といえど、木の枝や薪をたくさん乗せられるのも強み。これはディスク形状だからこそなせる技です。

    見た目がいいうえに実用的。そんな“才色兼備”な焚き火台、ファイアーディスク ソロの魅力をお伝えします。

    本体より大きな薪を乗せてもOK

    長さ40cmの薪を乗せた状態。

    ファイアーディスク ソロの直径は30cm。それに対し、市販されている薪の長さは35〜40cmほどです。

    そのため市販の薪をそのまま乗せると、両側がはみ出てしまいます。しかしそれでも大丈夫。

    販売元のコールマンは、ファイアーディスク ソロ本体よりも大きな薪を乗せられると明言しています。

    ソロキャンプ向けの焚き火台は大きな薪を使用できない製品も多いため、これは大きなメリットです。

    小型の焚き火台ではなかなか実現できない大火力、そして長時間の安定した燃焼を得られます。

    耐荷重25kgでダッチオーブン料理にも対応

    ファイアーディスク ソロは小型でありながら、きわめて頑丈です。

    耐荷重は25kgに設定されており、別売りのゴトクを用いることでダッチオーブン料理にも対応できます。

    本体より大きな薪を乗せられるのも、ファイアーディスク ソロが持つ頑丈さゆえ。

    実際に25kgもの重量物を乗せることはあまりないでしょうが、それだけ頑丈であるという自信の表れとも取れます。

    焼き網が付属し、バーベキューコンロとしても使える

    1人で食べるには、必要十分なスペースがあります。

    ファイアーディスク ソロは焼き網が付属しているため、そのままバーベキューに使用できます。

    焼き網は3つの突起が設けられ、ファイアーディスク ソロ本体にしっかり固定される仕様。ずれることなく快適に使えます。

    また小型の焚き火台は、同時に焼ける食材の量が少なくなりがちです。

    しかしファイアーディスク ソロは直径30cmの円形であるため、食材を焼くスペースを十分に確保できます。

    ただし、炭や薪を投入するための開口部は狭め。豆炭など小さめの燃料が使いやすくておすすめです。

    カーブにうつりこむ炎の美しさ

    焚き火台の内側が、絶えずオレンジ色に輝いています。

    ファイアーディスク ソロはそれ自体の見た目が綺麗であるために、昼間におこなう焚き火も見栄えがします。

    しかし真価が発揮されるのは夜。内側のカーブにうつりこむ炎の美しさが、いっそう際立ちます。

    それほど激しく燃えていなくても明るく輝くのは、コールマンのファイアーディスクシリーズならではの魅力。

    熱もよく反射し、寒い時期には体をしっかり温めてくれます。

    唯一無二の存在にして、ソロキャンプ用焚き火台における1つの答え

    大きすぎず小さすぎない、ほどよいサイズも魅力です。

    世のなかには、じつにさまざまな焚き火台があります。なかにはよく似たデザイン、またはよく似た機能を持つ製品も……。

    しかしファイアーディスク ソロに関しては、今のところ代わりになる焚き火台はありません。まさに唯一無二の存在といえます。

    そしてデザイン性や実用性を保ったうえで、誰もが迷わず扱えるシンプルな設計が用いられている点も魅力。

    もともとあった製品を小型化したモデルですが、ソロキャンプ用の焚き火台における、1つの答えを示しているようにも思えます。

    それほど完成度が高く、面白味にあふれた逸品です。

    コールマン ファイアーディスク ソロ

    使用時サイズ:直径30×高さ16cm
    収納時サイズ:直径32×高さ10cm
    本体重量:620g(網込みの重量900g)
    耐荷重:25kg
    素材:ステンレス

    私が書きました!
    アウトドアライター
    斎藤純平
    キャンプに関する記事を中心に執筆しているアウトドアライター。趣味はキャンプ・国内旅行・バイク・スキューバダイビング。温泉や神社を巡るのも好きで、そこそこ詳しい自信あり。どこにも定住しない自由気ままな生活を目指すため、ライターとして活動している。

    NEW ARTICLES

    『 焚き火・火おこし道具 』新着編集部記事

    ソロストーブのレンジャーをおすすめする理由!特徴から拡張アクセサリーまで紹介!

    2024.05.25

    対流式石油ストーブのトヨトミから、炎の美しさにこだわったおしゃれな焚火台が誕生

    2024.05.20

    焚き火台、焚き火シート、耐熱グローブ、火ばさみの焚き火台4点セットはいかが?

    2024.05.17

    オイルマッチは永久に使える?特徴から使い方まで紹介!

    2024.04.28

    おしゃれなたき火台13選!他人と被らないモデルを探そう

    2024.04.25

    ソロ、ファミリー別のおすすめ焚き火台10選!燃焼効率、超軽量、雰囲気重視モデルまで

    2024.03.31

    六角形の焚き火台ならキャプテンスタッグ!注目のラインナップからおすすめできる理由まで解説

    2024.03.29

    気軽に楽しめるサイズ!LOGOSのスウェーデントーチに、燃焼時間80分の小型バージョンが登場

    2024.03.25