地球と環境について、みんなで気軽に会話ができる「Spiral Week」開催中! | ナチュラルライフ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 地球と環境について、みんなで気軽に会話ができる「Spiral Week」開催中!

    2021.04.08

    Let’s Talk About Environment!」をモットーに活動する環境オープンコミュニティ「Spiral Club」と、奥渋のBook Café BarBAG ONE」の共催で「地球を考える2WEEKS」を414日まで開催中!

    「Spiral Club」は、環境についてオープンに語り合うコミュニティ。誰とでも自由に話せて友人も増える。

    Spiral Week』は、『Let’s talk about environment!(環境について話そう!)』をモットーに活動するオープン・コミュニティ「Spiral Club」と、サステナビリティとカルチャー関連の書籍を扱う、奥渋のBook Café BarBAG ONE」が、422日のアースデイを目前に、トークやワークショップなど、様々なイベントを通して、地球に関する会話のきっかけを作り出す2週間。

    「Spiral Week」のオープニング・パーティには、サステナブルな生活に関心の高い人たちが集まった。

     自然写真家・高砂淳二さんと「グレート・ジャーニー」の関野吉晴さん初の対談「サステナブル・アース・トーク 地球に生きるー」や、服部文祥さんのトークイベント「野生に帰る」、 2019年のダボス会議で共同議長を務めた香川県上勝町のゴミ0活動家・坂野晶さん(一般社団法人ゼロ・ウェイスト・ジャパン)✖️小野リリアンさん(環境活動家&モデル)の「ゼロウエイスト・トーク」(ゴミゼロの意味)、環境保護NPO「350.org」が発行する気候アクションのガイドブック『クライメート・レジスタンス・ハンドブック』の刊行記念トークなど、環境問題に意識が高い若い人たちが興味を持ちそうなコンテンツが目白押しだ。他にも、誰でも「Spiral Club」のメンバーと一緒に、環境に関するさまざまな話ができるオープン・ミーティング、子供向けのワークショップなど、盛りだくさんの2週間。

    一般社団法人「ゼロ・ウェイスト・ジャパン」の坂野晶さんと、環境活動家・モデルの小野りりあんさんのゴミを0にアイディアいっぱいのトーク。

    今回のイベントを企画したのは、「Spiral Club」のメンバーのMOEGIとNEZUちゃん。ふたりは、「『Spiral Club』の特徴は、シリアスで重い空気になりがちな環境問題の会話を、クリエイティブで前向きなアイディアに昇華する明るさと楽しさで、正しい情報を知って自分で行動できるようにすること」だと語る。

    BAG ONE」のスタッフとのミーティングを重ねて、14日間に15のイベントをブッキングした。ふたり以外のスパイラル・メンバーも、仕事の合間にLINEで情報をシェアしながら、それぞれの得意な方法でサポート。まさに、デジタル・ネイティブ世代のワークスタイルである。

    ちなみに、ふたりが環境問題に関心を持ったきっかけは、それぞれ異なる。MOEGIは、大学で環境と文化のゼミを取っていたが、1年間休学してバックパッカーとしてファームステイを経験。「東京出身で自然のある生活を経験してこなかったから、手付かずの自然をはじめて目の当たりにしたとき、『この景色を残していきたい』と思ったことをきっかけに、気候変動のためアクションを起こすことを決意し、環境NGOに参加した。その環境NGOのボランティアの仲間たちが立ち上げたのが「Spiral Club」というわけだ。

    子どもたちは、マッドパイ(泥で作るパイ)に野の花を飾って、自然に触れる体験。

    一方、NEZUちゃんは、10年ほど前から写真の仕事をしていたが、震災をきっかけに、食の問題や人間の生き方について考えるようになり、ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ さんの本『懐かしい未来 ラダックから学ぶ』を読んで感銘を受け、「ジュレー・ラダック」というNGOに参加。そのNGOが参加するイベントでメンバーと出会って、「Spiral Club」に参加した。

    オープン・ミーティングの会場では、リサイクルの古着も販売。無肥料無農薬の醤油やカレーも販売するマルシェも開催。

    今回のイベントの、探検家の関野吉晴さんと自然写真家の高砂淳二さんのトークショーも、元々はNEZUちゃんが関野さんのトークを聞きに行った帰りにみんなでカレーを食べた時に知り合って、今回の対談をオファーしたら実現したという。そのフットワークの軽さも、「Spiral Club」らしい。

    サステナブルやサブカルチャー関係の本が書棚に並ぶ「BAG ONE」。イベントの合間には、読書しながらコーヒータイム。

    4月1日のオープニング・パーティーには、環境に関心の高い仲間たちが集まって、思い思いのテーマで語り合い、笑顔でいっぱいの「Spiral Week」がスタートした。環境問題に関して考えていることをシェアしたい人は、会期中、「BAG ONE」に行って、話の合う友だちを作ってみては?

    イベントはリモート配信で会場にいらっしゃれない方も参加可能。詳細はをご覧ください。

    Spiral Club HPは、

    http://spiral-club.com/spiral-week/

    BAG ONE HPは、

    https://bagone.jp

    Text   尾崎 靖

    Photo  ねづちゃん、おじゃぴー(Spiral Club )

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

    古くて豪快な日本のアウトドア料理!? それが「MOCHITSUKI」

    2023.02.09

    「Upcycle by Oisix」「チョーヤ梅酒」が初コラボ!梅酒の梅がおいしいドライフルーツになった

    2023.02.02

    紅茶派に朗報!スパイスを自分で粉砕し焚き火で煮出す「焚き火でチャイ」はいかが?

    2023.01.31

    びわの葉で風邪に負けない!免疫力アップが期待できるコーディアルを作ってみよう

    2023.01.18

    SNS時代の成功譚「葉っぱ切り絵アーティスト」リトさんを直撃

    2023.01.15

    冬キャンプの必需品!ナチュラルなハンドケアアイテム6選

    2022.12.27

    z