スキレットで作る本格ピザレシピ。生地から手作りでカリッとモチモチ! | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • スキレットで作る本格ピザレシピ。生地から手作りでカリッとモチモチ!

    2021.03.23 さとう あい

    私が書きました!
    料理家
    さとう あい
    宮城県仙台市在住の料理家。フードコーディネーターや、学校講師など下積み時代を東京で過ごし、飲食業界に携わること20年以上。現在は料理教室の運営や飲食店へのメニュー提案などをする傍ら、レシピライターとしても活動中。2児の母でもあり、子どもと海や川、山などアウトドアへ出かけるのが日課

    キャンプにオススメのスキレットピザ!

    生地の周りがポコポコと膨らんだ、カリッとモチモチのピザ生地が、キャンプで食べられたら最高ですよね。

    少し手間がかかるイメージのピザ生地ですが、ポイントさえ押さえれば意外に簡単に、失敗することなく、美味しい焼きたてピザを作ることができます。何より、生地から手作りした焼きたてピザは最高です!

    ゆっくりキャンプ飯作りを楽しみたいときには、ぜひ挑戦してみてください。

    材料(15cmサイズのピザ5枚分)

    A強力粉 190g
    A砂糖 5g
    A塩 2g
    Aドライイースト 2g
    Bぬるま湯 120g
    Bオリーブオイル 10g

    事前準備

    生地作りは、しっかり計量することがいちばんのポイントです。

    キャンプ場で細かい粉類の計量をすることは難しいので、自宅で計量して準備したものを持って行くと良いです。Aの食材を全てひとつの袋の中に入れます。Bの食材は現地で計量などの準備をします。

    生地をこねる

    ぬるま湯は、お風呂くらいの温度を目安に用意します。

    ここからは現地にて作業を行ないます。

    ボウルに、準備しておいた粉類を全て入れて、ぬるま湯、オリーブオイルを入れます。

    水分がなじむ程度で大丈夫です。

    箸を使って、全体を簡単に混ぜます。

    指先で生地同士をくっつけるようなイメージで作業します。

    粉のダマの部分がなくなるように、手で全体をよくこねます。

    ボウルの内側についている生地も、くっつけながらまとめます。

    ボウルの中で、ひとまとめにします。

    はじめはベタつきますが、こねるうちにまとまってきます。

    まな板などの上に出して、しっかりこねます。

    生地はこねるうちにまとまってきますが、ベタついて作業がしにくい場合は、強力粉をまな板にふるいながらこねても大丈夫です。

    生地を発酵させる

    しっかりこねると、表面にツヤが出てきます。

    10分ほどこねて、生地がなめらかになってきたら、形を整えてボウルの中に入れてラップをします。陽のあたる、少し暖かい場所に置いて発酵させます。

    常温でも十分発酵できます。

    生地が倍くらいの大きさになったら、発酵終了です。季節や気温によっても変わってきますが、1〜2時間くらいを目安にしてください。

    生地を成型する

    発酵が終わった生地は、ふんわり柔らかな触り心地です。

    生地を5等分して、丸く成型します。

    はじめは、手で潰すように押し広げます。

    ひとつずつ、手で丸く伸ばします。

    穴が空きやすくなるので、一度にたくさん引っ張らないように気を付けましょう。

    少しずつ薄くなってきたら、手で引っ張るようにしながら伸ばします。もし、穴が開いてしまったら、生地同士をくっつけて修復しましょう。

    フチの部分は、少し生地量を多めに残して丸く整えます。

    今回は、15cmほどのサイズに伸ばしました。

    具材の準備

    今回使用した具材です。

    今回用意した具材は、下記の通りです。分量や具材はお好みでご用意ください。

    ピザソース
    ピザ用チーズ
    しらす
    ソーセージ
    ピーマン
    菜の花

    菜の花はあらかじめ下茹でしたものを準備しておきます。下火のみで焼くので、少しの加熱時間でも火が入るものを選ぶと良いです。

    ピザを焼く

    具材から水分が出るので、のせすぎに注意しましょう。

    スキレットに伸ばした生地をのせて、具材を盛りつけます。上からチーズをかけて炭火などで焼きます。蓋をせずに焼くので、弱火で加熱するようにしましょう。

    バーナーは近づけ過ぎず、遠火でゆっくり加熱しましょう。

    チーズが溶けてきたら、生地にも火が入ったサインです。トーチバーナーを使って、表面に焦げ目をつけます。炙ったところから、生地が香ばしく焼け、モコモコと膨らんできます。

    全体的に焼き色をつけ、具材にも焦げ目がついたら完成です。

    生地の焦げ目が美味しそうです!

    ナポリピザのような、カリカリでモチモチの食感が味わえる本格ピザです。

    こちらの具材は、ソーセージ、ピーマン、ピザ用チーズ、ピザソースです。

    菜の花の彩りが春らしい、さっぱり味のピザに仕上がりました。

    こちらの具材は、しらす、菜の花、ピザ用チーズ、ピザソースです。

    菜の花はすでに火が入っているので、彩りよく仕上げるために、トーチバーナーで生地に焼き色を付けた後に飾りました。

    焼きたてのモチモチピザで、楽しいキャンプを!

    キャンプで本格的な料理を何か作ってみたい!という方には、生地から作る自家製ピザはとてもオススメです。特別な道具がなくても、スキレットと、トーチバーナーがあれば、モチモチの焼きたてピザを楽しむことができますよ。こだわりのキャンプ飯として、ぜひピザ作りに挑戦してみてください。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    アルペンとCoCo壱番屋のコラボ「スパイシーキーマカレー」と餃子の皮で簡単カレーラザニア!

    2023.01.26

    二郎系?…じゃなくて“キャンプ系”ラーメン!エスビー「やみつきにんにく背脂」で野菜も脂もマシマシ

    2023.01.22

    無印良品のサムゲタンがキャンプ飯に便利だった。韓国風薬膳スープを作ろう

    2023.01.20

    びわの葉で風邪に負けない!免疫力アップが期待できるコーディアルを作ってみよう

    2023.01.18

    日本のスパイスミックス「七味唐辛子」を自分好みに調合してみよう

    2023.01.17

    食べ方も楽しみ方もいろいろ!メスティンで作る「いなりもち」

    2023.01.15

    z