100均のプリントアルミホイルの活用法8選!驚きのキャンプ活用法も | 調理器具・食器 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 調理器具・食器

    2020.12.25

    100均のプリントアルミホイルの活用法8選!驚きのキャンプ活用法も

    私が書きました!
    料理家
    さとう あい
    宮城県仙台市在住の料理家。フードコーディネーターや、学校講師など下積み時代を東京で過ごし、飲食業界に携わること20年以上。現在は料理教室の運営や飲食店へのメニュー提案などをする傍ら、レシピライター としても活動中。2児の母でもあり、子供と海や川、山などアウトドアへ出かけるのが日課。

    100均のプリントアルミホイルは万能すぎる!キャンプにも大活躍

    調理したものを包む為に使用することが多いアルミホイルですが、一般的なシルバーのアルミホイル以外にも、100均では様々なデザインがプリントされたアルミホイルが販売されています。キャンプでもおにぎりや、サンドイッチを包んで、カフェ風のキャンプ飯を楽しんだり、器に使用したりと、様々なシーンで活躍します。

    今回は、おしゃれな柄が人気の、セリアのプリントアルミホイルを使用いたします。お料理以外にも、キャンプ道具のお手入れや、冬キャンプの冷え対策にも使用することができる驚きの活用法のご紹介もいたします。

    キャンプでオススメのプリントアルミホイル活用法

    おにぎりを包む

    かわいいホイルでカフェ風に。

    こちらの活用法は、プリントアルミホイルを使用する際に、いちばん利用する方法ではないでしょうか。おにぎりを包む際は、ラップで包むとしっかり密封されすぎてしまい、水分が中に溜まってしまう場合があります。ホイルを使用することで、適度な通気性がうまれ、美味しさを保つことができます。

    キャンプで炊きすぎたご飯や、残ったおかずなどを保存する際にも便利です。

    サンドイッチを包む

    プリントされたホイルで見た目もかわいい仕上がりに。

    ボリュームえたっぷりのサンドイッチや、ホットサンドを包む際にもオススメです。サンドイッチをホイルに包んだまま切ることができるので、型崩れしにくいのもポイントです。

    骨つき肉に巻いて汚れ防止に

    骨つきチキンには、ホイルが欠かせません。

    手が汚れやすい骨つき肉を盛り付ける際には、持ち手の部分にホイルを巻くことで、食べやすさがアップします。見た目も華やかになるので、お好みの柄のホイルを使用してみてください。

    簡易的な器を作る

    おつまみやお菓子など、あまり重さのない食品に使いましょう

    キャンプで器が足りなくなってしまった際など、お皿の形にホイルを整えて、簡易的な器を作ることができます。お菓子や、フルーツ、おつまみなどを盛り付ける際などに重宝しますよ。

    注意点として、食品に直接ホイルが触れるので、プリント面にフィルム加工がされているタイプのものを選びましょう。

    器に敷いて油汚れ予防に

    プリントホイルを敷くことで、ちょっとした彩りにもなります。

    油の多い料理などを器にのせる場合は、あらかじめホイルを敷いておくと、洗い物をする際に便利です。キャンプ場では、お湯が出ない場所が多いので、汚れを水洗いでさっと落とせることが重要です。冬キャンプでは特に、油が器についてしまうと落ちにくいので、ホイルを敷くことで、格段に洗い物が楽になります。

    こちらも、食品がホイル面に触れる為、フィルム加工がされているものを使用しましょう。

    BBQの焼き網洗いに使用する

    プリント面を内側に巻き込んで丸めて使用しましょう。

    お肉などを焼いた後の焼き網を、金タワシやステンレスタワシで洗う方も多いのではないでしょうか。一度使用したタワシは、油がついてしまって、タワシを清潔に保つことが難しいのが難点です。

    使用済みのホイルを丸めて焼き網を洗うことで、金タワシやステンレスタワシと同じような洗浄効果があります。BBQの際にはぜひお試しください。

    スキレットや、ダッチオーブンの手入れに使用する

    適度にこすれるので、洗い上がりが綺麗です。

    スキレットなど鋳物製の鍋の汚れ落としにも、アルミホイルは活躍します。こちらも、プリントアルミホイルを使用する場合は、プリント面を内側にして使用してください。

    丸めて使用することで、金タワシを使用するよりも小傷が付きにくく、焦げ付きなどを綺麗に洗い落としてくれます。鋳物製の鍋は、スポンジを使用すると、スポンジが黒く汚れてしまう場合があるので、使い捨てできるアルミホイルがとても便利です。

    冷え対策にも使用できます

    冷え性の方は、冬キャンプは寒くて寝れないというときも多いのではないでしょうか。そんなときは、アルミホイルを足首まで巻いて、靴下を履き、1時間ほど待ってみてください。足がじんわり温まり、血行が良くなり、冷え対策になるので、寒い季節にオススメです。

    便利なプリントアルミホイルをキャンプで活用してみよう

    色々な活用法をご紹介しましたが、アルミホイルはキャンプでも、様々なシーンで活躍する万能アイテムです。さらにおしゃれなデザインがプリントされたアルミホイルを使用すれば、活用の幅も広がるので、ぜひ一度お試しください。

    NEW ARTICLES

    『 調理器具・食器 』新着編集部記事

    ダイソーは製氷グッズも超充実!丸い氷や棒状の氷が作れるアイテム3選

    2024.06.14

    キャンプでラーメンを作るのに便利な鍋10選。アウトドアで旨いラーメンが食べたい!

    2024.06.11

    アウトドアケトル17選|ソロからファミリーまで!キャンプであると便利なおすすめの逸品特集

    2024.06.11

    キャンプでおいしいコーヒーは飲むならプレスコーヒー!種類と淹れ方をまとめて解説

    2024.06.06

    コスパ最強すぎんか!100均で見つけたアウトドアで大活躍のカトラリーセット5選

    2024.06.03

    キャンプ×スムージーを手軽に叶う、レトロかわいいミルクボトル型のブレンダーはいかが?

    2024.05.27

    VASTLANDの新作「マルチグリドル」は焦げ付きにくく、専用の取っ手カバー付きだ!

    2024.05.26

    アウトドアで使いやすい!ダイソーのコーヒードリッパー&フィルター3選

    2024.05.23