10万円以下!クイックキャンプが「お得な大型2ルームテント」を11月より先行予約販売開始 | テント 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • テント

    2020.11.17

    10万円以下!クイックキャンプが「お得な大型2ルームテント」を11月より先行予約販売開始

    今やファミリーテントの定番と化している2ルームテント。そんなジャンルに、日本のアウトドアブランド・QUICKCAMP(クイックキャンプ)が新しいテントをリリースした。居住性が高いのに、とてもお手頃な価格! これは話題になること必至だ。

    予約販売制のコスパが高い2ルームテント

    「アルマジロ」¥59,000+税(参考価格)

    この「ARMADILLO(アルマジロ)」は、前後の出入り口に加えて両サイド4箇所のパネルを開放できる、クイックキャンプ初の2ルームテント。カラーはグレーを採用し、自然にも馴染みやすくキャンプギアとの相性も抜群だ。

    サイドパネルは跳ね上げが可能で、別売りのキャノピーポールがあればさらに拡張することができる。

    身長180cmの男性が立っても天井に頭は当たらず、その居住性の高さがわかる。

    ローチェアを8脚、テーブルを3台入れても余裕の広さ!

    サイズは約6.6×3.4×2.0m。高さがあるので、テント内の移動では頭が天井に当たる心配はない。インナーテントは付属しているが、付けなければシェルターとしても使え、ファミリーキャンプだけでなくグループキャンプなどのリビングとしても便利だ。

    インナーテントのサイズは約3.3×2.2×1.9mで、就寝人数は4人。子供が小さい場合は最大6人まで入れる。

    外側の生地を巻き上げればフルメッシュにできる。

    スカートが付いているので、雨や冷気の進入を防いでくれる。

    出入り口にもなるパネルにはメッシュ生地が装備されており、通気性がよく、内部にこもりがちな湿気や余分な熱を外へ逃してくれる。またスカートが付いているので、冬場の使用も安心。まさに季節を選ばない気の利いた2ルームテントである。

    ガイロープは視認性のあるレッドを採用。

    さらに、前後の出入り口の天井にはひさしが付いており、雨や日差しの進入も防げるのは嬉しいポイント。2ルームテントは構造や大きさ、そして使用する部品の多さなどから10万円を超えるモデルが多いが、こちらは¥59,000+税と非常にお得!

    購入は公式ホームページのみで、11月末〜12月上旬を目処に数量限定で販売する。気になる人はぜ公式サイトやSNSをチェックしてみよう。

    商品概要

    クイックキャンプ「アルマジロ」

    価格:¥59,000+税(参考価格
    使用サイズ:約6.6×3.4×2.0
    収納サイズ:約65×40cm
    重量:約14kg
    使用人数:4~6人

    クイックキャンプの公式ページ
    https://quickcamp.jp

    NEW ARTICLES

    『 テント 』新着編集部記事

    テントの種類はどのくらい?それぞれの特徴から選び方まで解説

    2024.05.21

    テントファクトリーは初心者に最適!注目のギアを厳選紹介

    2024.05.21

    風に強いテントの特徴は?おすすめの形状から風対策まで解説!

    2024.05.20

    テンマクデザイン「サーカス」テントが人気!おすすめモデルや使用例を紹介

    2024.05.13

    テンティピの魅力とは?おすすめテントほかブランドヒストリーも紹介

    2024.05.12

    【2024年】キャンプで人気のおすすめテント51選!アウトドアプロがレビュー

    2024.05.11

    ホールアースのテントおすすめ3選|ソロ用から大型2ルームまで人気モデルを紹介

    2024.05.11

    アルペン アウトドアーズのキャンプギアにポップアップシェードとインフレータブルマットが追加!

    2024.05.10