フライパンひとつでできるキャンプ飯!時短で作る絶品石焼ビビンバ | 料理・レシピ 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • フライパンひとつでできるキャンプ飯!時短で作る絶品石焼ビビンバ

    2020.10.26 さとう あい

    私が書きました!
    料理家
    さとう あい
    宮城県仙台市在住の料理家。フードコーディネーターや、学校講師など下積み時代を東京で過ごし、飲食業界に携わること20年以上。現在は料理教室の運営や飲食店へのメニュー提案などをする傍ら、レシピライター としても活動中。2児の母でもあり、子供と海や川、山などアウトドアへ出かけるのが日課。

    フライパンで作る時短キャンプ飯!BBQの締めにもオススメの石焼ビビンバ

    本格的な石焼鍋がなくても、フライパンひとつで作れる石焼ビビンバはキャンプでも大活躍するメニューのひとつです。特別なキャンプグッズがなくても作れるので、キャンプ初心者の方にも作りやすいレシピです。

    本来ひとつひとつ野菜を茹でて味付けをし、ナムルを盛り付けるビビンバは、野外で作るには少し不向きなメニューだと考える方も多いかもしれません。しかし、今回ご紹介するレシピでは、ご飯を炊く際に野菜も一緒に加熱するので調理工程も少なく、手軽に時短で作ることができます。お肉に野菜も入るのでボリューム満点で、これ1品で贅沢なキャンプ飯が完成しますよ。炭火で焼いたお肉をのせても美味しいので、BBQの締めのご飯に作っても良いですね。

    材料(3人前)

    今回の食材です

    牛薄切り肉 200g
    白米 2合
    もやし 1袋
    人参 小1本
    ニラ 0.5束
    卵 1個
    キムチ 30g程
    白炒り胡麻 大さじ1
    塩胡椒 少々
    ごま油 小さじ1
    コチュジャン お好みの量

    <牛肉の下味>
    にんにくチューブ 少々
    醤油 大さじ2
    調理酒 大さじ1
    塩胡椒 少々
    ごま油 小さじ1
    砂糖 大さじ1
    コチュジャン 小さじ1

    事前準備

    牛肉の部位や厚さは、お好みのものを用意してください

    保存袋に牛肉と、牛肉の下味調味料を全て入れて、揉み込むように味付けをします。

    自宅で野菜のカット作業を済ませてしまうと、キャンプ場での生ゴミも減るのでオススメです

    ニラは3cm長さに切り、人参は5cm程の長さに千切りにします。

    カットした野菜と下味肉です

    ここまでの作業を自宅で行うと、キャンプ場での作業が簡単になりますよ。牛肉にしっかり味がしみて美味しくなると言う利点もあります。ニラは、加熱のタイミングが違うので別の袋に入れました。

    作り方

    牛肉はアクが出るので、予め炒めた方が良いです

    フライパンに下味をつけた牛肉を入れて加熱をします。牛肉の赤みが、大体なくなるまで炒めて一旦取り出します。肉を炒めたフライパンは洗わずに次の工程に進みますが、肉の焦げつきがある場合は、一度洗ってから作業をしましょう。

    米は予め洗って30分程吸水させておきましょう

    米を洗って吸水させたら、フライパンに水500ccと共に入れます。

    もやしは豆もやしの方が味が濃くて美味しく仕上がります

    もやし、人参、塩胡椒を全体に散らします。

    牛肉の焼き汁が残っていた場合は、一緒に入れましょう

    炒めた牛肉を中心に盛り付けます。

    全体的に沸騰するまで加熱します

    フライパンを強火にかけて、全体が沸騰したら蓋をして弱火にします。10分加熱したら、一旦蓋を開けて米の硬さを確認してください。硬かった場合は、追加で3〜5分加熱します。

    なるべく蒸気が逃げないように、手早く作業しましょう

    一旦蓋を取り、ニラ、白炒りごま、ごま油を全体に散らして、すぐに再び蓋をします。

    白身が一緒に入ってしまっても大丈夫です

    余熱でニラに火が入ったら、中心にキムチ、卵黄をのせます。お子様など辛い味付けが苦手な方がいる場合は、キムチは各自のお皿で入れても良いです。

    美味しそうに完成しました

    鍋底にはお焦げが出来ているかも

    しっかりお焦げをつけたい方は、ごま油を追加でフライパンの鍋肌にまわしかけて再度加熱してみてください。一度に強火にしてしまうと、焦げ過ぎてしまうので、蓋を開けたまま弱火〜中火でゆっくり加熱しながら様子をみてください。

    子供から大人まで大満足のフライパンひとつで作る贅沢キャンプ飯

    お好みでコチュジャンを追加してパンチのある味付けにしても美味しいです

    石焼ビビンバは、仕上げにコチュジャンを追加したり、キムチを入れたり、自分で味の調節ができるので、子供から大人まで楽しむことができるメニューです。ピリ辛の味付けにして、お酒のお供として楽しんでも良いですね。BBQで炭焼きにした牛肉を追加して食べると、美味しさアップ間違いなしです。今回は薄切りの牛肉を使いましたが、厚切りステーキサイズのお肉を使用すると見た目も豪華な仕上がりになります。

    料理を作ったり、片付けたり、キャンプのご飯時間は意外にもやる事が盛り沢山なので、時短で料理が完成することで、ゆっくりご飯を楽しむ時間が増えそうですね。見た目も豪華な時短レシピを、キャンプ飯にぜひご活用ください。

    RELATED ARTICLES

    関連記事

    NEW ARTICLES

    『 料理・レシピ 』新着編集部記事

    お餅の食べ方、マンネリ化してない?絶対にうまい切り餅のキャンプ飯レシピ2選

    2023.02.04

    キャンプでカニ玉が作れる時代に!?フリーズドライで作る「シェラカップ中華」

    2023.02.02

    豪快に蒸し焼き、がおいしい!旨味たっぷりの牡蠣と白子の昆布締めホイル焼き

    2023.01.30

    たこ焼き…じゃなくてシュウマイ!? 大人も子供も楽しめるキャンプ飯の作り方

    2023.01.27

    アルペンとCoCo壱番屋のコラボ「スパイシーキーマカレー」と餃子の皮で簡単カレーラザニア!

    2023.01.26

    二郎系?…じゃなくて“キャンプ系”ラーメン!エスビー「やみつきにんにく背脂」で野菜も脂もマシマシ

    2023.01.22

    z