ハンマーとスコップにもなる!1本3役の斧が登場 | 刃物・マルチツール 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • OUTDOOR
  • NEWS
  • SUSTAINABLE
  • CAR
  • CAMP
  • GEAR
  • COOKING
  • 刃物・マルチツール

    2020.10.22

    ハンマーとスコップにもなる!1本3役の斧が登場

    左が「フィールドハチェット」、右が「プラスキアックス」

    ベアボーンズリビングの斧2つ。小さいのが「フィールドハチェット」で、大きいのが「プラスキアックス」だ。

    「フィールドハチェット」は柄の長さが約40cm。片手で振りおろせる大きさだから、鉈と同じように細めの薪を小割りにしていくときに使うことができる。鉈柄はヒッコリー(クルミ)製で、硬質な手ざわりが気持ちいい。ブレードのシースはキャンバス製。ワックスが塗られているので、ある程度撥水性があり、汚れや水濡れを防いでくれる。

    「プラスキアックス」は、柄の長さが約60cm。股を開いて柄を両手で握り、頭上から振りおろして使用する。力が入るので太い丸太を割ることができる。パカーンと割れたときはとても気持ちいい。柄はブナ製だが、バランスをとるために内部に鉄製の軸芯が仕込んであるので、まっすぐに振りおろすことができる。さらに、「プラスキアックス」にはユニークな工夫がしてある。柄の末端に金属のパーツがはめてあり、ハンマーとして使用できる。また、ブレードの反対側はスコップとして使用可能。1本で3役のお得な斧である。

    「フィールドハチェット」のヘッド部分。ワックスの塗られたキャンバス製のシースが付いている。

    「フィールドハチェット」は小ぶりなので、細い薪を割るのに最適。

    「プラスキアックス」にはレザー製のシースが付いている。

    「プラスキアックス」は斧の反対側を鍬やスコップとして活用できる。木の根や草の根を切ったり、穴を掘ったりと使い方はいろいろ。

    「プラスキアックス」の柄の末端には鉄の金具が付いているので、ハンマーとして使用可能。斧の部分に重さがあるので、力が入る。

    「フィールドハチェット」:7,700円

    「プラスキアックス」:15,180円

    ※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

    「フィールドハチェット」

    https://www.pal-shop.jp/item/A55011006.html

    「プラスキアックス」

    https://www.pal-shop.jp/item/A55011007.html

    NEW ARTICLES

    『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

    キャンプでの薪割りに必要な道具は?やり方は?手順を解説&おすすめアイテムを紹介

    2024.07.14

    ヘレナイフの人気クラシックナイフが10年ぶりにカムバック!オールラウンダー「フューチュラ」

    2024.07.07

    焚き火で活躍する手斧!「まさかり斧」と「スウェーデン斧」どっちがおすすめ?

    2024.06.25

    キッチンナイフとハサミが一体化!刃物の名産地で作られたLOGOS「アウトドア用万能ハサミ」

    2024.05.31

    キャンプや焚き火におすすめナイフ&アックス19選!料理、薪割り、バトニングに使ってみた

    2024.04.07

    キャンプの鉈はトヨクニの「豆鉈」がおすすめ!小さいことはいいことづくめだった

    2024.03.15

    オピネルのナイフのサイズ比較。キャンプでおすすめは何番?

    2024.03.14

    トヨクニの包丁をアウトドアにもっていくならこれ!小ぶり包丁+ナイロンケースが最強

    2024.03.05