BE-PALミニ焚き火台用にアルコールストーブを製作した。

2019.05.02 (閲覧数) 5,151

BE-PALミニ焚き火台でシェラカップでも使えるよう、炎が内側に出るタイプのアルコールストーブを作ってみました。ハトメを利用して炎がトルネードするように工夫。小型のクッカーでも十分使えます。

YouTubeで製作動画をご覧いただけます。
https://youtu.be/4Ht6o6CAMjk

製作用の材料道具類。
材料はウコン缶とハトメ。
右端はダイソーで購入のメッシュヤスリ。左端は耐熱接着剤「オート ウエルド」。上は缶を切断する自作の道具。他にピンバイス、スチールウール、はさみ等。

ヤスリとスチールウールで表面の塗装を落とした後缶を切断。道具の刃は「ダンボールのこ」という製品の替刃です。缶を回転させるより刃の方を動かした方が早く切断できると思います。
(塗装は落とさなくても製作可)

3つに分割した状態。
寸法 右の高さ42mm
   左の高さ37mm

中央のパーツはこのように加工して中に押し込む。これは燃料の気化効率アップを狙ってのもの。
入れなくても作れます。

炎が出る穴を6つ開けてハトメを接着。炎をトルネードさせるため斜めに取り付けた。

内側にパーツを押し込んで完成。ハトメがいいアクセントになっていると思います。
カッコいいでしょ!(自画自賛)(^◇^;)

焚き火台と並べるとこんな感じ。

燃焼試験
・アルコール 20ml で約9分50秒
・シェラカップに水 200ml(水温16℃)
 沸騰まで約4分50秒

O.D.C.Toshiさん

キャンプ、ツーリング、トレッキング等、日々アウトドアを楽しんでいます。 ハンドメイドで色々作るのも大好きなオヤジです。 YouTubeでもアウトドア関連を発信しています。 https://www.youtube.com/channel/UCv_FFvlJ61BzeAMrKCjHo5A

もっと見る

この記事をシェアしよう!

O.D.C.Toshiさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事