(SHO’S×BE-PAL)ステンレスミニ焚き火台で350ml缶アルスト五徳

2019.04.08 (閲覧数) 2,539

どうにか、ステンレスミニ焚き火台が350mlアルミ缶で自作したアルコールストーブの五徳にならないか思案しました。
五徳が四角い形状になるので安定感が増し、比較的大き目のものにも対応出来ます。
五徳の高さも絶妙で、炎の温度の高い所で当たるので燃焼効率も良くなっています。

固形燃料やウコン缶など小さいサイズはもちろん収まるので、何とか350ml缶サイズでの使用を試行錯誤。

4つのパーツだけでは自立が難しいので、直径10cmのカップを用意しトランスフォーム。

最初に、両側に同じ形状の2枚を立てたら(爪がある方を上に)、手前に”BE-PAL”の文字のあるパーツで挟み込み最後にロストルパーツを差し込めば完成!

反対の角度から。クリップ型のロストルパーツは三角を下側にカップの縁に挟まず中にIN。

組み立てにコツはいるものの、しっかり組めばアルストも固定されしっかり安定。

今回使用したのは、旧型の”スノーピーク クッカー ソロセット極チタン”のカップ。縁が斜めになっているシェラカップでは×。直径が10cmであればきちんと収まると思います。

zukasamaさん

キャンプ、山登りが好きな40代後半です。

もっと見る

この記事をシェアしよう!

zukasamaさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 バーナー 』新着編集部記事

おすすめ記事