やっと届いた我が家のキャンパー!まずはファーストインプレッション。

2018.12.04 (閲覧数) 525

本日横浜ネッツトヨタ瀬谷店まで受け取りに行ってきました。やっと納車されました!
購入を決めたのは3ヶ月前、ベースは1500ccのタウンエースという商業車、企画販売している横浜トヨタでは「アルトピアーノ」というパッケージ呼称されています。

最後の書類にサインして、そのままファーストドライブ35キロくらいを自宅まで戻ってきました。ベースがタウンエースという商業車ですから、足回りは硬めでしたね、やっぱり。
出帳先で借りるノアとかシエンタに比べると道路をゴツゴツ感じますけど、まあこんなもんでしょ、ハイエースと同じ感じかなぁ。
エンジンはそんなに回さないように一般道を戻ってきましたが、1500ccエンジン音もフロント座席下に有ると思えば、こんなもんでしょ。なんせ9年間軽自動車貨物派生のバモス改に乗っていたので気にならないですね。
それよりもハンドルの前にタコメーターがないのが気になったかなぁ、バモス改にはタコメーターがついていたので、意外と回転数も気にして見ていたのですね。1500ccでぬる〜っと走る分には無くても問題ないかなぁ、、、でも最近はOBDⅡ端子から引き出した車体情報をフロントガラスに反射させるヘッドアップディプレイも出回っているので、そういうのを取り付けてタコメーターは表示させたいとは思っています。

さて、2時間ほど一般道を走って自宅駐車場に停車させた時にはもう薄暗い夕方5時。
いろいろ調べたいことはあったのですが、ひとまず、リアシートを後ろ向きにして、後部荷室のシートと対座モードにして、テーブルも取り付けてみました。
この車両は2列座席の5人乗りなので、荷室側のシートはもちろん乗車移動時の座席としては使えません。2列目シートをフラットにしたベッドモードの後ろ半分になるので、荷室はマットの下が空洞の二重構造になっていて荷物を下に乗せたままでも座れます。さらに荷室をコの字に囲むような天板(テーブル)がついてます。これはベッドモードにした時に小物置き場になるので便利そうです。クルマのシートとしてはちょっと硬めでホールド感も無いですが、フラットベッドにした時に凸凹しない為のシートと思えばいたしかたなしか。左後ろのタイヤハウス上にはオプションのギャレーか冷蔵庫をセット出来るスペースなのですがオプションレスだと結構な広さの引き扉の収納ボックスにしてあります。

エクステリアはタウンエースのまんまですね〜でも、もともと商業バンの乗用車バージョンだったノアが専用ボディになってタウンエースNOAHからNOAHに改名してからのタウンエースバンは本当に商用貨物車が必要なユーザーのモノとなり、大型化する国産車の中でキャンパーベースでもハイエースが主力となり、あまり走ってないので珍しい感じがしていいかも。取り回しはハイエースよりも長さも幅も短いので運転はラクでした。アルトピアーノのカタログモデルの特装色パステルツートンをあえて選ばず、ボディもバンパーも標準色にしました。標準色の白のみシルバーのみを選ぶとGLグレードの場合カタログ車体価格から18万円マイナスになるんですよ!(これ裏ワザ)パステルツートンだとカワイイのだけども仕事には目立ちすぎるのでやめました。そのかわりにBピラーとCピラーを窓の高さで黒く隠すシールをオプションで選択しました。これだけで商業車のチープさが薄らいだ感じで、窓まわりが引き締まってみえます!このチョイスは大正解!このピラーシールはアルトピアーノのカタログにはあるのですが普通のタウンエースのオプションカタログには載ってないのです。

この素の外観も今日までで、バモス改につけていた幅2.5mのFIAMMAのF35というサイドオーニングを取り付けます。バモスの前のタウンエースNOAHの頃からもう18年使っているのですが、壊れないですね〜本当に丈夫なんです。
それとディーラーオプションのカーナビもETCもつけなかったので、すぐに東雲オートバックスに行かなくちゃ。ナビも音楽の音源もTVもネットも全てiPadに任せてカーナビ代もカーステレオ代も浮かす作戦なので、1DINサイズのブルートゥース接続できるラジオアンプでいいかと思っています。
ルーフテントは是非とも取り付けたい!ウチの家族は4人なので、このままでは2人しか寝られないのです。ルーフテントをつけて車内ベッドに2人、ルーフベッドに2人が就寝可能にしておきたいです。2人旅・ぼっちキャンプならリアシートは対座モードのままにしておくとPAでもそのままゆっくり出来るし、さらにルーフテントをつけると、車内をリビングのまま寝床はルーフテントに!という使い方が出来そうです。

そういえば、このアルトピアーノを企画販売している横浜トヨタグループではクルマと同じ名前の専用キャンプサイトを今年の10月にオープンさせているのです!その名も「アルトピアーノ蓼科」。
利用できるのはアルトピアーノとハイエースやノアのベッドキット架装車を購入したユーザーにのみという特典なんです。ユーザーたちに快適なキャンプライフを楽しんでほしいという趣旨で、今のところユーザーのみしか予約できない小さなキャンプ場なのですが、今年は11月にはクローズになり、来春3月からオープンするそうなので、さっそく予約してこちらの利用レポートも上げていきます!(写真は使用許可いただきました)

【まとめ】商業車登録のままでリアシートをREVOシートに換装、ベッドモードと対座モードにトランスフォーム出来る!
もともとの商業車ぽいヘッドレスト無しの3人ベンチシートから前後スライド幅も大きいヘッドレスト付きベンチシートに換装してあるので、NOAHやSTEPWGNの3列目が必要ないならこのチョイスもアリかと。

BunTgwさん

ガジェット大好きです。1つで多機能なモノばかり集めてます。特に合体すると別モノとして機能するモノが好きです。マジンガーZよりゲッターロボの方が好き。オピネルのナイフよりレーザーマンのマルチツールが好き。速い4ドアセダンよりキャンピングカーが好き。

もっと見る

この記事をシェアしよう!

BunTgwさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 キャンピングカー 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』