CGM記事詳細 | BE-PAL

アイアンと鉄器

2021.07.13 (閲覧数) 265

軽量化が進むキャンプギアですが、自分は何故かどんどん重量化がすすんでます。
 
自作アイアンギアに、ダッジオーブンもいいですが、南部鉄瓶が相性抜群です。
 
焚き火台、トライポッド、自在鉤、南部鉄瓶、全部持ち運ぶと筋トレになるとかならないとか。
 
  

Solusさん

北海道伊達市で生まれ育ったオジさんです。 キャンプ歴は40年あまり、最近は、鉄で焚き火台などを作り、キャンプや焚き火を楽しんでいます。 『ココペリアイアン』というガレージブランドとして活動したいと、目下奮闘中です。 自分にしか作れないものにこだわり、皆さんが使ってみたいと思えるようなものづくりが目標です。

もっと見る

この記事をシェアしよう!

Solusさんの新着ユーザー投稿写真

新着ユーザー投稿写真

『 焚き火 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。