CGM記事詳細 | BE-PAL

春浅い川原でコーヒーブレーク

2021.03.10 (閲覧数) 1,151

啓蟄も過ぎ、きょうは気温が20度Cくらいになりそうだからなのか、自分の中のアウトドアのムシが騒ぎ始めてきました。
山の林道の車止めからトボトボ歩いて小一時間、お気に入りのポイントで空のペットボトルに湧水を注ぎ込みます。

岩の割れ目から、これ以上ないほど透明な水がトクトクと湧き出るこの湧水ポイントは、秘密と言いうほどではないけど、一般的にはほとんど知られていない場所。
私が知るいくつかの湧水ポイントの中でナンバーワンのポイント。とにかくおいしい水が枯れることなく湧き出ています。
山の地下を流れてきた水は、岩の割れ目から湧き出て、ここから表流水となり川となります。

川原に降りてコーヒーブレーク。
ここで豆を挽いて、汲んだばかりの湧水でコーヒーを煎れます。
豆は浅めの炒りのルワンダ。
家の水道水で煎れたルワンダはスッキリとした味わいのコーヒーだと感じていましたが、ここの湧水で煎れたコーヒーは、苦みがひきたてられ、コクまでも感じられました(浅めの炒りなのに意外…)。
同じ豆でも水が違うだけで、これほど味わいが違うのかと感じ、ちょっと驚きです。

啓蟄を過ぎたとはいえ、3月初めの渓流はまだまだ春の気配は遠い感じです。
渓流釣りは解禁されているので、フライフィッシャーがひとり、上流に向かって歩いて行きました。
ドライフライはまだ早いような気がします。ミッジを使うのか、それともニンフで引き抜くのでしょうか。
冷たい風に、2杯目のコーヒーを飲み終わって早々に川原を後にしました。

ずんだくんさん

外に出て自然の中で過ごすことが好きですが、最近では、家の中でネコたちとまったりしている時間が多くなりました。

もっと見る

この記事をシェアしよう!

ずんだくんさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。