自作ルアー作り〜スプーン編(2)

2021.01.19 (閲覧数) 1,073

銅板をスプーンの大きさにカットしたのがスプーン編(1)でした。

(2)では、四角い銅板をスプーン型に切っていきます。切った銅板を曲げる作業で大まかなスプーンを作りますよ。

金属ハサミで切っていきます。左右対称をなるべく目指してください。なるべく。
ここで多少偏ったり曲がってても別に良いです。

真鍮板だとバチンと切る感触がありますが、銅板だともっと柔らかで衝撃はないです。曲線も割とコントロールしてカットできます。

こんな感じに大まかにスプーンの形にします。
この時点では、穴と穴がまっすぐな感じが出てればよし。

安上がりなのは100均のペンチを左右に持って曲げます。まずは穴から穴の直線を山折りに曲げます。

もしも万力が有れば挟んでも良いかもしれないですよ。とにかく最初は半分。

半分にしただけのスプーンで良ければこれだけでも良いです。次の行程として削って形成します。

(ただ、なかなかパッツリ半分は難しいです。万力などに挟んで曲げると半分にはなりやすいです)

いわゆるスプーン型にするには、曲面を作らないとなりません。
頭側からお尻側まで、およそ4分割に考えて作業します。

お尻側からだいたい1/4くらいを、ラジオペンチで把持して下向きに曲げます。
(コレ1/3じゃない?っていう感じもしますけど、まぁなんとなくでいいんです)

曲げる際には、このように作業台にグッと押し付けるようにすると楽です。手で曲げようとすると、バリの部分で手を切ったりする危険があります。

このようにお尻下りに曲がります。

頭側から2/4くらいをラジオペンチで挟んで下向きに曲げ、、、

頭側の穴はちよいと上に反らせる感じです。

だいたいこんな感じになります。

歪んでいますけど大丈夫です。ここから微調整に入ります。

周りを挟んでちょい曲げてを繰り返して、全体のバランスを考えていきます。
気にするのは全体のバランスです。仕上がりをイメージしていきます。どんな形のスプーンが埋まっていますか?そのイメージをもちながら曲げます。

縁だけ挟んで下に曲げ、段々とスプーンらしい形になります。お手本の名作スプーンなどが手元にあると、触りながらイメージして作業できますよ。

このような形に形成できます。スプーンらしくなってきました。だんだん愛着が湧いてきます。

横から見た感じ。

この後は周りを削っていきますが、その最中にも微調整できますのでここではこんな感じで問題ないと思います。

微調整はやってると、曲がりの癖や特性がわかってきます。そんなに力もいらずに出来ると思います。曲げるうちに段々素材も形状的にも強くなっていきます。


(2)では銅板を切って曲げて、ざっくりスプーンにまで出来ました。(3)では、周りをヤスリで削りながら、微調整をしてスプーンに仕上げていきたいと思います。


〈つづく〉

よそゆきさん

アウトドア好き。ひとりの時間が好きです。

もっと見る

この記事をシェアしよう!

よそゆきさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 自作・DIY 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。