木こりのジレンマ

2020.04.06 (閲覧数) 1,340

「木こりのジレンマ」という説話を知っていますか?
職場の広報紙に載っていたので、皆さんにも紹介したいと思います。
出典元は不明だそうで、色んなバージョンがあるみたいです。(自分の言葉に置き換えて短い文章にしています。)

山の中で、木こりが忙しそうに斧を振るっている。
通りかかった旅人は、しばらく様子を見ていました。
斧を振るう勢いの割に、一向に木が倒れる気配がありません。
よく見ると、斧は刃こぼれしていて、ボロボロです。
旅人は言いました。
「斧の刃を砥げば、楽に木が倒せますよ。」
木こりは、こう返します。
「忙しくて、斧を研いでいる暇なんてないよ。」

皆さんはどう感じましたか。
どこかで思い切って、斧を研ぐことも必要ですよね。
一度、自分の斧を見直してみては、どうでしょう。

さて、本題が後になってしまいましたが
アウトドアで使う僕の自慢の刃物は、この手斧です。
グレンスフォシュ・ブルークスのワイルドライフと言います。
2019.06.17に記事投稿している「Oh no 〜 !」で語り尽くしているので、そちらもご覧ください。

皮の保護カバーを付けた状態で測ってしまいましたが、それでも670グラムです。
軽いですが十分に仕事をしてくれます。
柄が軽い分、ヘッドスピードが上がり、楽に木を割ることができます。

また、斧は薪を割るという使い方以外に、折るという使い方も出来ます。
モーラナイフは、モーラナイフで便利なのですが、薪を裂くことは出来ても、折るというのは難しいです。
なので僕はどちらかというと、斧の方を使うことが多いかな。

そして、焚火などの焚き付け時に、この「くの字」に折れた状態の木を組むと、程よく酸素が供給されるので、着火も早いかも…
ただ単に、上級者っぽく見えるので、そうしているだけだったりもしますが^^;

それと、どの角度から見ても、美しいんですよね〜
他のメーカーの斧も、形は変わらないので、自己満足の世界ですね。

けいすけさん

福岡県で薪ストーブのある家に住んでいます。 キャンプ場でのキャンプ自粛中! ホーボージュンさんのような旅に憧れてます。 今年の目標 九州縦断(北九州→鹿児島) & 鹿児島にてキャンプする!

もっと見る

この記事をシェアしよう!

けいすけさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

おすすめ記事