雪が降ったらスノーブーツ! 快適に遊べます!

2018.09.18 (閲覧数) 1,273

スキーやスノボーに毎シーズン行く人にとっては、もはや常識なのがスノーブーツ。高さがあるアウトソールは地面からの底冷えを防ぎ、雪の中でも快適に過ごせます。

トレッキングブーツで代用できるかな? と思った人、それ間違いです。トレッキングブーツはスノーブーツ同様に、防水性はありますが、雪にズボっとはまったときに足首から雪が侵入してきて、結果、濡れて不快な思いをするはめに……。

私が使っているのがソレル「1964 パックナイロン」。ブーツの中にインナーブーツがある二段構造で、履き口にはボア付き。このボアが雪深い所に入っても、雪の侵入を防ぎ、中が濡れることはありません。

このスノーブーツを使う前までは、寒冷地仕様のゴム長を履いていました。コスト的に導入しやすいゴム長ですが、どうしても履き口がブカブカなので、雪が入ってきてしまう。さらに一度中が濡れると乾きにくい。

一方、このスノーブーツはインナーブーツが取り外せるので、万が一、ブーツの中が濡れても乾かすのも楽。ウインターシーズンでの快適度が段違いです。

実際、毎年の雪山には持っていきますが、もちろん東京でも使っています。稀にふる豪雪が楽しくなる、そんな側面もこのスノーブーツにはある(笑。

スノーブーツはシーズンオフのメンテナンスが大事。ウインターシーズンを開けたら、しっかりと汚れを落とし、インナーブーツも取り出し、乾燥させた上で保管します。濡れた状態だと、ゴム部が加水分解を起こしてひび割れしてしまうので要注意です。カビの原因となる湿気もNG。たまに見て、状態を把握するのも永く使うためのメンテナンスです。

ギアミチさん

はじめまして! ギアミチです。 家族でのキャンプはもちろん、仲間との山登り、ハイク、四駆にMTBなど、 一年を通じてアウトドアを楽しんでます ꉂꉂ( ˊᵕˋ ) とにかく新しい道具が大好き! 買ったもののマイレビューと、 アクティビティーの思い出レポを記録していきます、Yah! 愛車はバネオ! ルーフキャリアに寝袋置いて週末キャンプにゴーです!

もっと見る

この記事をシェアしよう!

ギアミチさんの新着ユーザー投稿記事

新着ユーザー投稿記事

『 防寒 』新着編集部記事

おすすめ記事