YLT<山形ロングトレイル>奮闘記 ~蔵王にトレイルを作っぺ!~ | BE-PAL - Part 3

YLT<山形ロングトレイル>奮闘記 ~蔵王にトレイルを作っぺ!~

2016.05.20


みんなで作るロングトレイル

YLTでは、新たな道は作らず、従来ある道・古道や林道を利用する。
これが私たちのコンセプトでした。なるべく自然に手を加えない事をテーマに、僕達は、時間を見つけては集まって、ちょっとずつトレイルのルート調査を始めました。
最初は、蔵王の縦走路を中心にしたルートを考えたのですが、実際に歩いてみると、偶然新たな道を見つける。調べてみると、また別の新たな道を発見をする。

冷水歩道

冷水歩道を歩いてみる

七ヶ宿エリアの林道

七ヶ宿エリアの林道

みんなで相談しながら、考えて行くとYLTが目指すべき道のイメージが不思議と沸いてきます。
僕が一人でルートを決めるのは簡単かもしれません。しかしそれではみなさんに愛されるルートにはなりません。
僕は、みんなで始めたからこそ、みんなで相談して決めたいという想いが強くありました。
時には、地元の集落のおじさんに聞くと新たな発見がある事も知りました。
一人の力は小さいかもしれないけれど、みんなが手を取り合えばきっと何か大きなモノが出来ると思います。トレイルは、みんながいいと思う道だから愛されるのではないでしょうか?

そしてYLTは、4年後の今年、知り合い9人から始まった仲間が20人に増え、県外にも蔵王にトレイルを作る仲間の輪が広がってます。昨年には、ルート調査の80%を終え、年明けにはルートの草案を作りました。
作ってみると当初50km程度の予定が、全長80kmに延びていたのでした。
そこには、YLTらしい蔵王の自然・歴史・文化などが感じられるルートが盛り込まれています。
調査が終わっても、まだ本決まりではありません。
「どうせ作るならいい道作っぺ!」
僕達は、たくさんの方に歩いてもらい、意見を聞きながらいい道を選びたいと思います。

調査参加者のコメント

調査参加者のコメント

そんな僕達のこれからの奮闘記をご紹介していきたいと思います。
「一緒に蔵王にトレイル作っぺ!」
皆さんもぜひ参加してみませんか?

遊仙峡に架かる吊り橋

遊仙峡に架かる吊り橋

YLTロゴ

 

 

 
山形ロングトレイル https://www.facebook.com/yamagatalongtrail

プロフィール

Profile
斉藤正史 山形県在住
LONG TRAIL HIKER
NPO法人山形ロングトレイル理事
トレイルカルチャー普及のため国内外のトレイルを歩き、山形にトレイルを作る活動を行う。

ブログ http://longtrailhikermasa.blog.fc2.com/

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 日本のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 日本のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。