初めてのジョンミューア・トレイル顛末記 vol.4 ~Youはなぜ歩くのか?~ | 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

初めてのジョンミューア・トレイル顛末記 vol.4 ~Youはなぜ歩くのか?~

2015.11.29

ジョンミューア・トレイル(以下JMT)の4回目は、旅の顛末記からちょっと寄り道して、途中で出会ったハイカーのお話をしたいと思います。

ソノーラパスから、話しを聞けたハイカーは3人でした。
やはりJMTルートではないこのエリアでは、ハイカーがとても少なったように思います。
今回は、「どうしてトレイルを歩くのか」をテーマに何人かのハイカー達をインタビュー撮影してきました!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

残念ながら動画が撮れていなかった、イタリア人ハイカーの2人組。
ソノーラパスから、トゥオルミーメドーまでのハイキングを楽しんでいました。
写真右側、ファンチネルは、サンフランシスコにある、イタリアの企業で働くエンジニアです。2人とも動画を撮影するときに、「日本人女性にモテるかもしれないね!」と大喜び。「日本人女性最高!」と叫んでいました。そんなシーンが撮れていなかったのは残念。そしてゴメンねファンチネル。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

パシフィック・クレスト・トレイル(以下PCT)のセクションハイカーで、最初にインタビューできた彼は「スルーハイカーじゃないから、トレイルネームは無いよ」と言っていました。
トレイルネームとは、トレイルを歩いている時につけるニックネームのことです。そして、セクションハイカー(部分だけ歩く)の中には、レイルネームはスルーハイカーが使うものと感じている人も多いのですが、このジョンも同じでした。
結局トレイルネームを聞き出し、私はレモネードと呼ぶことにしました。
以前歩いていたトレイルでレモネードが好きで、レモネードばかり飲んでいたのでこのトレイルネームになったそうです。私とトゥオルミーメドーまで、毎日顔を合わせ、最終的にバーモント・バーレー・リゾートまでほぼ毎日トレイルで出会っていました。マンモスレイクでは町中でも再会し、私の宿泊しているRVパークにきて、隣のサイトでキャンプをしていました。
そしてこの彼、御年なんと68歳!!今はリタイヤしてトレイルを歩いているそうです。
荷物を軽くするため、火器は持たない、ウエアも最小限の装備でした。寒くなり始めたレッズメドーからは、会うたびに「寒い・寒い、もう標高の高い場所ではキャンプしない!」というのですが、このエリアはほぼ標高が高いのでどうしようもないわけで。一番びっくりしたのは、プラスチックの容器にドライフードを入れて水(!)を注ぎ、4時間待って自然にふやかしてから食べるとうい食事方法でした。
彼は足が悪いので、徹底したウルトラ・ライトスタイルです。そして使用するカメラはなんと写ルンです1つ!貴重な24枚撮りのカメラには、私が3枚ほど写っているはずです。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。