お知らせ写真&記事投稿コンテスト開催中!最優秀作品にギフト券1万円! 

日の入り・日の出~アラスカ山脈にて【写真家・佐藤大史のアラスカ紀行Vol.1】

2019.01.01

新年といえば初日の出。元日の今日、ちょっと変わった日の出をお届けしたい。アラスカの日の入りから日の出をとらえた動画だ。

緯度が高くなるほど、季節ごとの日照時間の差は大きく変わってくる。その顕著な例が北緯66度に見られる「白夜」である。

夏至の頃に、24時間太陽が沈まない白夜の日々が続く。この動画は夏至の3週間後の2018年7月中旬、アラスカ山脈の稜線から北を見下ろして撮ったタイムラプスだ。

日の入りから日の出、夜や昼、などの概念を一枚に収めるべく、ワンフレームに日の入りと日の出が写っている。太陽が地平線の向こうにいるのは3時間半ほどである。


プロフィール:佐藤大史

東京都町田市出身。長野県安曇野市在住。日本大学芸術学部写真学科卒業。卒業後、写真家白川義員の助手を務め、2013年独立。

「地球を感じてもらう」ことをコンセプトに、アラスカなどの手つかずの大自然と、そこに生きる生き物たちを撮影している。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事