【天国に一番近い幻のキャンプ場、マリ】 カバが流れる河で、ひと泳ぎ。

2018.12.06

軽キャンピングカーで、地球半周中です。
稚内からロシアへ渡り、モンゴルで道草してから中央アジアへ。イラン、ヨーロッパを抜けてアフリカに上陸。目指すは南アフリカの喜望峰。ガイドブックにないパワースポットを探し出し、人知れぬ絶景・奇景を「マイ秘境」と呼んで喜んでいます。

暑さを通り越し、もはや熱い。

アフリカ5カ国目は、マリです。
賄賂も荷物検査もないのんびりとした国境を越えると、掛け値なしのThe リアルアフリカ。なにもかもがグッと色濃くなりました。セネガルは暑かったけれど、マリは熱い。
漬物石のように重い日差しが、脳天と両肩にのしかかります。

ドゴン族は遥か遠く

マリはイスラム過激派が暗躍しているので、多くが危険地帯。気ままにドライブできません。
とくに北は危険です。
肩にライフルをぶら下げた国連軍(UN)に、質問!
「この車でドゴン族に会いに行ったら、危ないですかねー?」
秒速で却下を食らいました。つい先日、北の国境が襲われて十数名が殺されたばかり。検討の余地無しです。
過激派を避けた南部ですが、ドクロマークの道路標識が立ってまして、う〜む、むむむ……、なんだろう?

ジャッキーチェンのおかげです

幹線道路を北へ外れ、乾いた土の道を進みます。
時速30km以下のゆったりクルージング。木々は少なく、頼りない電柱が点々と繋がれています。
ヤギや牛を追い抜き、通り過ぎる村、集落、家。
幼い兄弟が馬車に乗って(ロバだけど)、先を急ぎます。
仕事ですかね?
写真:DSC-6511
さほど人の気配はないものの、停車すると
写真:DSC-6525
あっという間に人が集まってきます。こっそり見ていたのですね、変な車が走っているぞ!と。
「ニイハオ!」
いーえ、日本人です。ジャパニーズ。
「オー! ジャパン、ジャパン!」
「アチョー、アチャー!」
ジャッキーチェンのおかげで、どこへ行っても人気者です。

不思議と女性はトップレス

井戸や川のまわりは、女性の園。
10代半ばの女の子が、洗濯をしています。
不思議なのは、娘さんは上半身裸でトップレス。男は必ずTシャツを着ているのに。
お目目ぱっちり、エキゾチックな美人たちのお出迎え。
写真:DSC-6578
これから原宿に遊び行きそうなおシャレさん。
写真:DSC_6560.jpg
家はこんな感じなんですけど。

開店早々、閉店に追い込まれたキャンプ場

土埃を舞い上げながら田舎道を走ること100km。
バフィン河にぶつかりました。
川幅は、数十メートル以上。滔々とした水をたくわえた中堅どころの大河です。
川面より2メートルほど高い岸に、知る人ぞ知る幻のキャンプ場がありまして、オーナーはオランダ人のキャスパー。
彼がこの土地を買ったのは、2015年。
直後、イスラム過激派が首都バマコのホテルを襲撃。多くの人質が殺害されて観光客が激減。開店早々、閉店に追い込まれましたが、多角経営で乗り切った奇跡のキャンプ場です。

フルーツ食べ放題

1.5ヘクタールのキャンプ場には、マンゴー、カシューナッツ、パパイヤなどのフルーツがなっていて、食べ放題。
写真:DSC-6456
一昨年から始めたバナナファームは、1ヘクタール。週末になると近所のおばさんたちが買いにやってくる、産地直売ファーム。

漁師から小魚を仕入れ、イケス業にも乗り出してまして、どれどれとイケスを覗いてみると、蛇が!
1.2メートルほどの大蛇(ボクら的には)。

カバが流れる河

暑すぎて、生きているんだか死んでいるんだかわからなくなったら、川でひと泳ぎ。冷んやりとした水に生き返ります。
ワニはいないけれど、カバはときどき流れてくるそうです。

寝返り百連発の夜

フルーツ食べ放題で、魚から蛇まで栄養豊富なキャンプ場ですが、どうにも暑すぎて食欲がでません。
昼は対岸のマーケットで一匹8円の小魚のフライをしゃぶり、あとは茹でたオクラ。ときどきバナナ。冷えたビール。
夜中の12時まで30度を超えたサウナ状態の軽キャンパーでは、このまま天まで転げそうな寝返り百連発です。
幻のキャンプ場は、天国に一番近いかも。

【マリ・ドライブ情報】
ビザ:15,000CFA+10,000CFA(印紙代)/1ヶ月シングル。セネガルのダカールで取得。
車両保険:BROWN CARDと呼ばれる西アフリカ13カ国共通タイプ(6ヶ月間)7,499円(41,004CFA)。ダカールのAXAで取得
検問:なし
アフリカのキャンプ場情報:iOverlander

石澤義裕・祐子
住みやすい国をリサーチしようという話から2005年から世界一周をスタート。アメリカ、カナダなどをスクーターで旅行し、オーストラリアをキャンピングカーで回ったのをきっかけに2015年の夏から軽キャンピングカーで旅を始めた。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』