• ホーム
  • 海外のアウトドア旅
  • 【ロングトレイル旅】ビバルマントラックを歩く「番外編 オーストラリアのマウンテンデザインって知っていますか?」

【ロングトレイル旅】ビバルマントラックを歩く「番外編 オーストラリアのマウンテンデザインって知っていますか?」

2018.04.24

アパラチアントレイル最終章 ビバルマントラックの旅 vol.026

パース市内にも、ニュージーランドのブランドで以前ご紹介した「カトマンドゥ」や「マックパック」を多く見かけます。
やはり、このオセアニア地区は、ヨーロッパ系のブランドが非常に多く、アメリカ系のアウトドアブランドの商品を見つけるのは難しいようでした。とくにウレタンマットは非常に見つけにくい。各お店にあるマットの9割がエアー式で、ウレタンマットがあっても薄手の物しか手に入りません。なかでも「サーマレスト」のウレタンマットは取り扱いが少ないので、どうしてもウレタンマットを使いたい場合は、日本から持ち込むのがベストだと思います。

話は脱線してしまいますが、「マウンテン・デザイン」をご存知ですか?

マウンテンデザイン入り口

たしか、ニュージーランドでは見かけなかった気がします。1975年に創業した、オーストラリアのアウトドアブランドです。

オリジナルのバックパックもあり、かなりの品ぞろえです。

マウンテンデザインオリジナルです。

ダウンも幅広い品ぞろえですね

地下にはかなりの数のシューズを取り揃えていますね。

「マックパック」や「カトマンドゥ」よりは、アクセサリーなどの自社製品比率が低いのですが、ギアの取り扱いは、アメリカのブランドのほか、新富士バーナーのSOTO製品も取り扱いしています。

おっSOTO製品です!

品数も豊富ですので、オセアニア地区に来ても安心して買い物ができる安定度の高いブランドです。

また、オリジナルのウエアはどことなくヨーロッパの香りのするデザインですし、商品の品質も上々。

しかもパース店の2階は、ビバルマントラック協会のオフィスです。「マウンテンデザイン」は、ビバルマントラックのスポンサーで、このオフィスも無償提供しているそうです。

オーストラリアも比較的物価が高めですので、セール品を中心にチェックするといいかもしれません。

季節は夏へ、セールシーズンです!

ボトルは僕も買いました!

オリジナル商品

オーストラリア主要都市に店舗がありますので、オーストラリアに行かれた際には要チェックです!

出発時に預けたMUKAストーブはちゃんと預かってくれていました。ありがとうございます!

マウンテンデザイン
https://www.mountaindesigns.com

つづく

プロフィール

 

 

 

【Profile】斉藤正史 

山形県在住
LONG TRAIL HIKER
NPO法人山形ロングトレイル理事
トレイルカルチャー普及のため国内外のトレイルを歩き、山形にトレイルを作る活動を行う。

ブログ http://longtrailhikermasa.blog.fc2.com/
山形ロングトレイル https://www.facebook.com/yamagatalongtrail

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • 海外のアウトドア旅
  • 【ロングトレイル旅】ビバルマントラックを歩く「番外編 オーストラリアのマウンテンデザインって知っていますか?」

関連記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿記事

『 海外のアウトドア旅 』新着ユーザー投稿写真

『 海外のアウトドア旅 』新着編集部記事

おすすめ記事