『好日山荘』石坂修さんに教わる「山歩きの服装と持ち物」【おすすめ低山5選】 | 【BE-PAL】キャンプ、アウトドア、自然派生活の情報源ビーパル

『好日山荘』石坂修さんに教わる「山歩きの服装と持ち物」【おすすめ低山5選】

2021.11.13

石坂 修さん(51歳) 『好日山荘 池袋西口店』 店長。東京都杉並区生まれ。『好日山荘』に30年勤務。汗冷えを防ぐため、山歩きの服は化繊素材が基本。フォレストワードローブの「イグズィラレイションSSシャツ」7480円、同社の九分丈パンツ「4ウェイストレッチアンクルパンツ」9680円。立山や富士山のような高山の場合には、休憩時にフリースやダウンなどの防寒着を雨具の下に着る。

長い自粛期間が開けたいまこそ、静かな山をのんびりと歩きにでかけたいですよね。低山を歩くときに必要なものは? 初心者におすすめの低くて楽しい山は? 山歩きの達人に、道具の選び方と低山の楽しみ方を教わりました。

持ち物の基本は「靴」「バックパック」「雨具」

全国に54店舗を展開する登山・アウトドア用品販売店『好日山荘』(こうじつさんそう)に勤める石坂修さんは、安全性と快適さを重視する。そのために最初に揃えるべき道具は、「靴」「バックパック」「雨具」だという。

「低山であっても、山は山。デコボコの道を歩きます。岩場や段差で足首をひねらないように、ミッドカット以上のくるぶしを覆う靴をおすすめします」

靴は足に合うものを選ぶことが大切。立山などの岩場がある山ではソールの硬い靴が歩きやすい。インソール(内敷き)を入れると正しい姿勢で歩けるので疲れにくい。

 

バックパックは「腰のベルト」が肝心

一方、バックパックは、ヒップベルトの付いたものがよいという。

「腰で荷物の重さを支えることができ、肩と腰で荷物の重さを分担できるので、肩が疲れません」

石坂さんが愛用するグレゴリーのバックパック。容量は30ℓ前後。

背面がメッシュだと涼しくて快適。ショルダーハーネス(肩ひも)に調整ストラップがあると、荷物が軽く感じられる。水色の袋はマスクケース。

 

雨を防ぎ、蒸れにくい高機能素材の雨具

雨具は「ゴアテックス」など防水透湿素材の上下を揃える。

石坂さんの「雨具」。ミレーの「ティフォン50000ストレッチジャケット」2万8600円、パンツ1万900円。ミレーの雨具は、透湿性が高く蒸れにくい。ごわつかずしなやかで旅行時にも便利。

「防水透湿素材は雨を防ぎ、湿気を排出する機能があります。ゴアテックスは耐久性があり、年中使用できますが、『ミレー』の上着のように、薄さとしなやかさに力点を置いた雨具なら、夏の低山ではより快適です」

 

石坂さんの「低山ハイキング道具」

レキ「マイクロバリオカーボンAS」2万3100円。

トレッキングポールがあれば膝への 負担を軽減できる。三段折りたたみ式のポールは、バックパックの中に収まるので、持ち運びしやすい。

 

ミレー「ドライナミックメッシュ NSクルー」5060円。C3fit「インパクトブリーズロングタイツ」1万3200円。

汗冷えを防ぐミレーの機能性肌着と、疲労を軽減するC3fitの機能性タイツ。

 

低山なら頂上で料理する時間もある。アルミやチタンのクッカーと、その中に収まるバーナー、ガス缶を持参すると楽しい。石坂さんはチーズフォンデュを楽しむとか。

 

『好日山荘』石坂さんおすすめの低山

高尾山(たかおさん)

▲599m 東京都八王子市

明治の森高尾国定公園内の名山。植生が豊かで奥深い自然を楽しめる。ケーブルカーあり。

 

金時山(きんときさん)

▲1212m 神奈川県南足柄市

箱根の北西部に位置する。山頂からの展望がよく、富士山を眺めるには最適の場所。

 

六甲山(ろっこうさん)

▲931m 兵庫県神戸市

登山コースは大小合わせ100ルート以上もあり、岩場、渓谷、植物園など見どころも多彩。

 

熊山(くまやま)

▲508m 岡山県赤磐市

駅から歩ける登山口が多数。弓削(ゆげ)コース途中から見る吉井川下流域の眺望が素晴らしい。

 

英彦山(ひこさん)

▲1199m 福岡県田川郡/大分県中津市

霊峰としての歴史が感じられる山。石畳の参道を歩き、銅(かね)の鳥居から見る奉幣殿(ほうへいでん)は必見。

 

好日山荘 池袋西口店 

電話:03・5958・4315 

https://www.kojitusanso.jp/ 

 

※掲載の価格は『好日山荘』の販売価格(2021年5月時点の価格)です。

※この記事は『BE-PAL』.の兄弟誌『サライ』2021年6月号より転載しました。年齢・肩書き・商品の価格などは掲載当時のものです。

 

取材・文/大塚 真 撮影/田渕睦深

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 登山・ハイキング 』新着ユーザー投稿記事

『 登山・ハイキング 』新着ユーザー投稿写真

『 登山・ハイキング 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。