【漕いで、釣って、食べて】 カヤックフィッシング奮闘記 Vol.20 リベンジ、アオリイカ!(後編) | BE-PAL - Part 2

【漕いで、釣って、食べて】 カヤックフィッシング奮闘記 Vol.20 リベンジ、アオリイカ!(後編)

2017.01.26

30分ほどまた何も起こらない時間が続く。流されて根回りを出てしまったため、少し戻ってポイントに入りなおす。このようにカヤックは風や潮の流れによって、たえず動いているので、ポイントから出たらまた戻るという釣り方になる。乗り合い船でもだいたい同じだったりするが、カヤックだと「自分の意思」で移動できる点が楽しい。

釣れるときはひと流しで5杯とか釣れる日もあるという

釣れるときはひと流しで5杯とか釣れる日もあるという

ほどなく、また竿が曲がりギューンギューンという引きが。海面付近で見てわかったのだが、ギューンと引っ張るときはイカが勢い良く水を噴射しているからそう感じるらしい。そして、なんと2杯目をゲット。

この日は着込みすぎて実は中は汗だく

この日は着込みすぎて実は中は汗だく

さらに30分ほどしてから、またヒット。合計3杯を釣り上げ、見事リベンジを果たすことができた(沼野さんは5杯くらい釣っていた)。朝7時から13時頃までだったが、大満足の釣行となった。さぁ、念願のアオリイカをどうやって食べようか。

72_8PC020662

穴澤 賢(あなざわまさる)
1971年大阪生まれ。2005年7月から愛犬との暮らしを綴ったブログ「富士丸な日々」が話題となり、その後エッセイ、コラムなどを執筆するようになる。著書に「またね、富士丸。(集英社文庫)」、「明日もいっしょにおきようね(草思社)」、「また、犬と暮らして(世界文化社)」、自ら選曲したコンピレーションアルバムとエッセイをまとめたCDブック「Another Side Of Music」(ワーナーミュージック・ジャパン)などがある。株式会社デロリアンズ代表。Blog:Another Days

72_2P8260004

取材協力:MARINE BOX100
逗子市新宿2-14-4
http://www.marinebox.co.jp

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 海・川・カヌー・釣り 』新着ユーザー投稿記事

『 海・川・カヌー・釣り 』新着ユーザー投稿写真

『 海・川・カヌー・釣り 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。