日本にいながら、ヒマラヤ「世界一の壁」登頂気分に!? 年末年始映画は『MERU/メルー』で決まり!  

2016.11.04

The North Face Meru Expedition, 2011

The North Face Meru Expedition, 2011

The North Face Meru Expedition, 2011

The North Face Meru Expedition, 2011

 

最近なんだか多い気がする登山映画だが、これぞついに決定版! と期待が持てそうなドキュメンタリー大作が、年末年始に上陸する。サンダンス映画祭2015で 「観客賞」を受賞した、ノンフィクションの決定版映画『MERU/メルー』だ。

「ナショナル・ジオグラフィック」の山岳カメラマンであり、トップ・クライマーのジミー・チンが、多くのクライマーを拒絶してきた難攻不落の「世界一の壁」、ヒマラヤ・メルー峰「シャークスフィン」登頂を、壮大な映像スケールで伝えるドキュメンタリー映画だ。

複雑なクライミングテクニックと超人的なメンタリティを必要とする、世界最難ルートの登頂に取り憑かれたように挑むコンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズターク。

 

3人の生き様は山岳ドキュメンタリーを超えたヒューマンドラマとして観客の心を打ち、2015年のサンダンス映画祭では「観客賞」を受賞し話題とななった。

 

「ナショジオ」のカメラマン、ジミー・チンだから撮影できた圧倒的リアリティにみちた大自然の映像美はもちろん最大の見どころではあるのだが、「挑戦とは?」「情熱とは?」を正面から問いかける人間ドキュメンタリーとしての内容もすばらしい。

 

もしあなたが、ヒマラヤ登山オタクならば、“登頂者ゼロ”とされる標高約6,250mのメルー中央峰、通称“シャークスフィン(サメの背ビレ)”の登頂ルートも楽しめるかもしれない。

 

しかし、もしあなたが登山にそれほど興味をもっていなかったとしても、登頂を目の前に感情を高揚させるコンラッド・アンカーの姿には、感じるものがあるのではないだろうか。

 

大自然の中で死の恐怖を感じながらも、仲間と共に着実に1歩づつ登り続けるクライマーたち。彼らをそこまで駆り立てるモノは何なのか。そして、しごく平凡に見える私たちの人生にも、このような壁が立ちはだかることがありうるのではないか…と。

 

■『MERU/メルー』

・監督:ジミー・チン、エリザベス・チャイ・バサヒリィ
・登場人物:コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズターク、ジョン・クラカワー、ジェニー・ロウ・アンカー、エイミー・ヒンクリー、グレース・チン、ジェレミー・ジョーンズ、ショーン・アーロン
・製作:エリザベス・チャイ・バサヒリィ、ジミー・チン、シャノン・アースリッジ 撮影:レナン・オズターク、ジミー・チン 編集:ボブ・アイゼンハード a.c.e 音楽:J・ラルフ 予告編編集:レナン・オズターク/ウィリアム・リーマン
・配給:ピクチャーズデプト
2015/アメリカ/DCP/カラー/91分 /5.1ch/1:1.85/英語・日本語字幕/ドキュメンタリー/原題: MERU

・2016年12月31日(土)より新宿ピカデリー / 丸の内ピカデリー / 109シネマズ二子玉川/なんばパークスシネマ(大阪)/ミッドランドシネマ(名古屋)/MOVIX京都ほか全国順次公開!

© 2015 Meru Films LLC All Rights Reserved.

 

■前売りチケットを買うと、『MERUボトル』が当たります!

無題

10月29日(土)よりムビチケにて前売りチケット(1500円)発売決定!
前売り特典として先着で、「MERUポケットサイズ サク飯ボトル」をプレゼント!
※非売品、全国限定500個(先着順)

アウトドアでの“行動食”用に便利な映画特製「サク飯ボトル」。登山やハイキングなどアウトドアシーンで栄養と小腹を手軽に満たす“行動食”=トレイルミックス(ナッツ、チョコ、ドライフルーツなど)を入れるのに便利なミニボトルです。

◎気になるアウトドアでの使い方は、公式サイトで! http://meru-movie.jp/

Meru Expedition, Garwhal, India

Meru Expedition, Garwhal, India

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ニュース・イベント告知 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』