• ホーム
  • ニュース
  • テントの畳み方を解説。事前の準備やきれいに収納するコツも紹介

テントの畳み方を解説。事前の準備やきれいに収納するコツも紹介

2021.02.22

初めてキャンプに行く人の中には、張ったテントを上手に畳めるか不安に思う人もいるのではないでしょうか。事前に畳み方を覚えておけば、実際に撤収する場面でもスムーズに動けるでしょう。テントの畳み方やきれいに収納するコツを解説します。

テントを畳む前にすること

テントを畳む際は、最初にテントを畳める状態にしなければなりません。乾燥や掃除など、事前にしておくべきポイントを解説します。

風通しを良くして乾燥させる

テントは雨が降っていなくても夜露や朝露でぬれるため、畳む前にしっかりと乾燥させることが重要です。朝起きたらすぐに窓を全開にし、風通しを良くして自然乾燥させましょう。

テントがぬれた状態のまま畳んでしまうと、収納している間に悪臭やカビが発生しやすくなります。

日差しがなく自然乾燥しにくい場合は、雑巾などを使って水気を拭き取り、できるだけ早く乾く状態にしましょう。

後からインナーテントを裏返して底面を乾かすことになるため、できるだけ早い時間から自然乾燥させておくのがポイントです。

中の荷物を片付けて掃除する

テントを乾燥させながら、荷物の片付けと掃除を同時に進めていきましょう。車の横にシートを敷き、シートの上に荷物をまとめておけば、車に積みやすくなります。

荷物を出し終えたら、テントの内部を掃除します。テントの中は一見きれいに見えても、想像以上に砂やホコリがたまっているものです。

テントを傾けて片方にゴミを集め、さらにもう一角を持ち上げて傾ければ、ゴミが1カ所に集まるため掃除しやすくなります。

砂やホコリを集める際は、ミニほうきとちり取りがあれば便利です。掃除のためにコードレスのハンディ掃除機を持参するのもよいでしょう。

掃除が済んだら次はどうする?

 

乾燥や掃除が終わったら、ペグやロープを外し、フライシートやインナーテントを乾かします。それぞれの手順を確認しましょう。

ペグやロープを外し乾燥させる

テントを畳むためには、テントを固定しているペグやロープを外さなければなりません。ペグを頑丈に打ち込みすぎて抜けないときは、リムーバーを使うと抜きやすくなります。

ペグやロープに土や汚れが残っている場合は、水洗いしてタオルで拭き、よく乾かしておきましょう。金属製のピンペグは、汚れたまま放置しておくとさびる恐れがあります。

ロープを片付ける際は、手のひらにロープを巻き付け、残り30cm程度になったら残った部分で縛っておきましょう。袋の中で絡まりにくくなります。

ペグやロープの本数を確認することも大事です。全て片付いたら、フロントポールとリアバイザーポールも外しておきます。

フライシートやインナーテントを乾かす

ペグやロープを外した後はフライシートをインナーテントから外し、裏側を表にして乾かします。風通しの良い場所での陰干しが理想です。

インナーテントはひっくり返して裏面を乾かします。風が強い場合は、飛ばないようにロープで固定しましょう。

フライシートやインナーテントが乾いたら、どちらも雑巾で汚れを拭き取ります。すすなどの汚れは乾拭きで、頑固な汚れは水拭きで拭き取りましょう。

残った水分や汚れを拭き取る際は、厚手のペーパータオルを使うのもおすすめです。汚れたら捨てられる上、掃除以外にもさまざまな用途で使えるため重宝します。

また、もしも

テントの上手な畳み方

フライシートとインナーテントの畳み方を解説します。大きさの目安や空気の逃がし方など、上手に畳むポイントを押さえておきましょう。

フライシートはどう畳む?

フライシートは、できるだけ四角い形になるように意識して畳んでいくのがポイントです。最初に全体を二つ折りにし、左右対称になるように広げます。

全体が四角い形になるように、両端を内側へ折り込みましょう。その後もできるだけ四角をキープするように、端を折り重ねていきます。

フライシートは立体縫製で作られているため、折り重ねる際に空気を逃がすことが重要です。中に空気が残ってしまうと、最終的にかさばってしまいます。

ポールの長さを目安に

フライシートは、最後にポールに巻き付けて収納することになります。畳み終えたときの横幅が、ポールの長さと同じくらいになるように折り重ねていきましょう。

ポールの長さに合わせて畳めば、ポールに巻き付けた後に収納する際、収納ケースにぴったりと収まります。

フライシートを畳み終えたら、ペグの入った袋などを上に置いておくと、シートが風で飛んでいくのを防げます。

インナーテントの畳み方

フライシートと同様に、インナーテントもポールに巻き付けて収納するため、ポールの長さを目安に折り重ねていきます。

最初に底面を四角に広げ、天頂部を引っ張り四面をそれぞれ伸ばしながら、蛇腹状にしておきましょう。

折り重ねていくときは、最初にポールケースの2倍の長さが残るように両端を折り込みます。さらに折り重ねてポールの長さに合わせ、縦に二つ折りにすれば完了です。

コツはパネルのファスナーを開けておくこと

インナーテントを畳む際は、空気が逃げやすくなるように、ドアパネルのファスナーを開けておきましょう。全開にせず、下側だけ開けておくのがコツです。

また、毎回同じ折り目で畳まないように意識することも大切です。何度も同じ折り目に沿って畳むと生地が傷んでしまい、破れやほつれが発生しやすくなります。

ポールの抜き方

 

インナーテントを畳む前にポールを抜く際は、抜き方や畳み方にも注意が必要です。スムーズに作業を進められる方法を覚えておきましょう。

畳むときは中央からが正解

スリーブからポールを抜くときは、押して抜くのがポイントです。スリーブに通したときと逆のイメージで抜こうとすると、中でポールが外れてしまう恐れがあります。

抜いたポールを畳むときは、中央付近から折り畳んでいくようにしましょう。ポール内に通っているゴムのテンションが均等になるため、伸縮性が低下しにくくなります。

端の方から折り畳んでいくと、中に通っているゴムに偏った力がかかり、ゴムが切れてしまう可能性があります。

きれいに収納する方法

最後の収納では、できるだけ空気を抜き、収納ケースにきちんと収められるかどうかがポイントです。細かいコツを押さえながら、手順を確認しましょう。

ポールを中心に巻き上げる

収納する際は、ポールケースにフライシートとインナーテントを巻き付けます。最初にポールケースを畳んだフライシートの端に置き、空気を抜きながら巻き上げていきましょう。

フライシートを巻き終えたら、畳んだインナーテントを同じように巻き上げていきます。体重をかけながらできるだけ空気を逃がすように巻くのがポイントです。

2枚とも巻き終えたら、最後にバンドや紐でくくります。このときも空気を抜くことを意識し、できるだけコンパクトな状態にまとめましょう。

収納ケースは上から被せるのがコツ

全て巻き上がった後は、そのまま動かさずに、収納ケースを上から被せて収納するのがコツです。

巻き上げたシートを持ち上げて収納ケースに入れようとすると、型崩れしたり空気が入ったりして、収納ケースに入らないことがあります。

収納ケースを上から被せて収納すれば、ペグやロープを収納するスペースも十分に確保できるでしょう。

まとめ

テントを畳む際は、事前に自然乾燥させ、中を掃除しておくことが大切です。掃除が済んだらペグやロープを外し、フライシートやインナーテントを乾かします。

フライシートやインナーテントを畳むときは、ポールの長さを目安に折り重ねていきましょう。最後の収納では、収納ケースを上から被せるのがコツです。

この記事をシェアしよう!
  • ホーム
  • ニュース
  • テントの畳み方を解説。事前の準備やきれいに収納するコツも紹介

関連記事

『 ニュース 』新着編集部記事

おすすめ記事