ワークショップとアウトドアのイベント「さがえのあそび」に行ってきました その2「アルコールストーブレシピ編」

2018.11.08

今回、僕の雪板の先生である工藤さんと一緒にアルコールストーブの先生をすることになりました。さて、どんな形が良いのだろう。少し悩みましたが、難しく考えず、五徳不要なバーナーを作る事にしました。今回、「さがえのあそび」で皆さんに作ってもらったレシピを公開したいと思います。ぜひ作ってみてくださいね!

準備するもの
〇タリーズの缶コーヒーのボトル500ml × 1 〇安全ピンなど小さな穴があけれるもの
〇スチールもきれるハサミ 〇油性マジック
〇カッター 〇ボンスター
〇ぐんて 〇セロハンテープ
〇マスキングテープ 〇カーペット画びょう

1.型を作りましょう

①タリーズの缶の円周は21cmあります。幅を62mm×210mm(上) 65mm×210mmの2つを
厚紙に書いて切り抜きます。

②セロハンテープで両端をしっかり止めます。

2.缶に印を付けます。

①上の部分に切り取り用の印を付けます。

②下の部分にも切り取り用の印を付けます。

③飲み口のところに三角の印を2か所付けます。

④炎がでる穴をあける位置の印を付けます。
マスキングテープを13mmの位置に貼ります。

穴の位置を10mm間隔にするので、マス目にそって点を付けて、出来上がったら缶に巻きます。

3.切り取ります。

カッターで使わない場所に切り込みを入れてから、スチールも切れるハサミで切り取ります。

①上の部分

②上の部分の飲み口に2か所三角の切り込みを入れて切り取ります。

 

③下の部分

4.穴をあけます。 ※手を刺さないように注意してください

5.組み立てます。

軍手をして、下の部分に上のパーツを逆さにして差し込みます。(手を切ったり、缶を曲げたりしないように注意)

6.はみ出た部分があったら、ハサミで整えて完成です。

最後に、アルコールを入れて燃焼します。そうするとコゲます。缶が冷たくなったら、焦げた部分をボンスターでこすります。完成です。

仕上がりは、丁寧にすればするほど良くなりますよ!

ネタを公開してしまったので、来年も声を掛けられたらどうしよう。また、ネタを考えます!

山形県寒河江市
https://www.city.sagae.yamagata.jp/index.html

プロフィール

 

 

 

Profile 斉藤正史 

山形県在住
LONG TRAIL HIKER
NPO法人山形ロングトレイル理事
トレイルカルチャー普及のため国内外のトレイルを歩き、山形にトレイルを作る活動を行う。

ブログ http://longtrailhikermasa.blog.fc2.com/
山形ロングトレイル https://www.facebook.com/yamagatalongtrail

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ナチュラルライフ 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』