【ロープワーク】「自在結び」の正しいやりかた、知っていますか?

2017.05.20


いよいよキャンプに絶好の季節。

キャンプは、ロープワークを覚える絶好のチャンスでもあります。

今回は、タープやテントの張り綱を張るときに便利な「自在結び」をご紹介します。以前紹介した、「ふた結び」の応用編です!

 

「自在結び」のつくりかた

1.ペグの位置をあらかじめ決めて打ち込みロープを引っ掛けます。

 

2.ロープの「先」を上に交差させて……

 

3.下から上に輪に通します

 

4.ロープの「先」を「もと」の下から交差させ、輪に通します

 

5.「もと」と「先」を引っ張り、完成!

 

この結び目の先に1〜5を繰り返して、もうひとつ『ふた結び』を作ります。

 

6.結び目を動かし調節します 

7.完成! 

『もやい結び』『ねじ結び』『自在結び』、3つのロープワークを使ってタープを張りました。

ロープは緩むものなので、ときどきテンションの具合や結び目をチェックしましょう。

 

※こちらの記事もぜひ! 


「本当に使えるロープワーク4」 
https://www.bepal.net/know-how/ropework/789

 

◎構成=加藤岳洋
アウトドアとコーヒーについての情報を発信する「アウトドア&カフェ 甘酸辛苦」代表。身近なアウトドア体験や道具についてブログや動画で伝えている。また、コーヒーソムリエの資格を持ち、イベントやお店への出張コーヒーサーブや淹れ方講座の講師も務める。2016年からは公園でのアウトドア活動で地域のコミュニティーを作るプロジェクト『LIFE Camping』を東京都多摩市の仲間とスタート。アウトドアを通じて公共施設の利用促進や人とのつながり、緊急時の助け合いができるコミュニティー作りを目指している。

■アウトドア&カフェ 甘酸辛苦
ブログ http://kansanshinku.hatenablog.com/
instagram @kansanshink

■LIFE Camping
http://life-camping.org/

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ロープワーク 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』