YouTubeチャンネル「BE-PAL公式」ロープワーク完全取得術講座まとめ | BE-PAL

YouTubeチャンネル「BE-PAL公式」ロープワーク完全取得術講座まとめ

2021.05.22

アウトドアシーンでは基本のロープワークをいくつか身に着けておくと、テント設営やタープを張るときなどに重宝する。そこでYouTubeチャンネル「BE-PAL公式」では、基本となる6つのロープワークを動画で完全解説!ロープワークの練習にはもちろん、野外で困ったときにもぜひ活用してほしい。

【ロープワーク完全習得術】巻き結び

立ち木に結んでロープを固定したり、2つのタープを連結させるために間に木や石を挟むときに使用したりと、幅広く使える巻き結び。結びやすくほどきやすいのが特徴で、モノとロープを結びつけるシーンなどで活躍する。

【ロープワーク完全習得術】応用編「片手で巻き結び」

親指をたくみに操ることがコツだ。

片手で巻き結びを行なう応用編。親指をたくみに操ることをマスターできれば、荷物を持ちながらでもできるので便利だ。

【ロープワーク完全習得術】ふた結び編

結ぶのもほどくのも簡単で、しかもゆるみにくいという利点がある「ふた結び」。ロープを立ち木に結ぶときや、テントの張り綱をペグや石に結びつけるときによく使われる。

【ロープワーク完全習得術】もやい結び編

先端に輪をつくる「もやい結び」は、古来より海で航海をしていた船乗りも使っていた結び方だという。すばやく結べて強度が高く、それでいてほどくのが簡単なことから「キング・オブ・ノット」とも呼ばれている。

【ロープワーク完全習得術】新・靴ひも結び編

途中で左右に2つの輪をつくる。

とっても簡単なのに簡単にほどけない「新しい靴ひも結び」。アウトドア時にきっちり靴を履きたいときはもちろん、子どもから大人までスポーツ時や日常生活で幅広く使える。途中で左右に2つの輪をつくるのがコツだ。

【ロープワーク完全習得術】バタフライノット編

バタフライノットという呼び名は結び目が「蝶」のような形になることから由来している。ロープの中間に輪をつくる結び方で、木の間やテント内に張ったロープに輪を作れば、コップやコッフェルなどをかけておくのにも便利。高い強度がありつつも簡単にほどけるため、登山のときにパーティをロープで結ぶ登山技法などでも使われている。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ロープワーク 』新着ユーザー投稿写真

『 ロープワーク 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。