はじめての実戦的ロープワーク~スリングの結び方~

2020.08.03

私が書きました!
山小屋スタッフ
山岸周平
東京都最高峰の雲取山の山腹、標高1,103mにある温泉付きの山小屋「三条の湯」のスタッフ。前職は東京消防庁の消防士として約10年勤務。奥多摩消防署異動を機に、登山、トレッキング、クライミング、ケイビング、バックカントリー、ヒルクライム、ラフティングなどを楽しむようになる。ブログ:山ちゃんの小屋番日誌  

スリングをハーネスとして使った場合

スリングの使い方を練習しよう

前回(https://www.bepal.net/know-how/ropework/103728)では、エイトノットとダブルエイトノットの作り方を紹介しました。今回はスリングの使い方についてお伝えします。

スリングはどういう時に使うのか

スリングと言ってもどのような目的で使われるものなのか、分からないかもしれません。スリングとは、輪っかになったロープです。単体で使うことはあまり想定されておらず、カラビナやロープ、もう1本のスリングと連結することで、物を支えたり、簡易ハーネスを作ってレスキュー時に役立てることができます。

では、2本のスリングを連結する方法をお伝えします。

スリングの連結

例えば木にスリングを巻いて使いたいと思った時に、支点の立ち木が太く、1本のスリングだと届かない場合などは、2本のスリングを結合して長くして使います。

まず、黄色いスリングの輪に、赤いスリングの輪を通します。

黄色いスリングを、赤いスリングの輪にかました状態で、引っ張り出します。

黄色と赤のスリング双方を引っ張ります。

2本のスリングが連結されて長さのあるスリングが1本できました。

これでスリングの連結ができました。次に、スリングを使ってチェストハーネスを作ります。

スリングを使ってチェストハーネスを作ってみよう

あまり耳にしないギアかもしれませんが、スリングはセルフレスキューの際に役立ちます。前述した120㎝のスリングで、自分自身の安全を確保する簡易ハーネスを作成します。自分だけでなく、救助する相手にも付けられるように練習しておきましょう。

(1)スリングを背中に回し、片方の輪に腕を通し、もう一方は脇から前に、両端末を両手で持ち結んでいきます。

(2)片方の輪にもう一方の端末を通します。

(3)通した端末を絞り内側に通します。

(4)下から出た端末を、写真の指の位置に入れて絞ります。

(5)締め上げたら、端末の輪に安全環付きカラビナを掛けて完成です。

チェストハーネス完成!

スリングの使い方がこれでおわかり頂けたかと思います。次回では、ロープワークとスリングを使って、「支点」の確保について説明します。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ロープワーク 』新着ユーザー投稿写真

『 ロープワーク 』新着編集部記事

おすすめ記事