アウトドア派のためのグランピングリゾート「PICA Fujiyama」オープン!

2018.08.09PR

近年「グランピング」が流行っていますが、“高額で特別なもの”というイメージと、アウトドアテイストがちょっと足り
ないと感じる人も多いのでは? 「もっと気軽に上質なアウトドア体験を楽しみたい…」という要望に応えて7月20日に山梨県富士河口湖町にニューオープンしたのが「PICA Fujiyama」です。
 単に高級感があるだけではなく、豊かな自然の中で非日常体験を味わうことをカタチにしたこの施設は、5つの宿泊タイプを用意。そのひとつ半円状のスタイリッシュなアメージングドームは、屋根の半分が透明になっていて、自然と一体感を得られる設計になっています。
 オートキャンプサイトは、専用のウッドデッキが各サイトに。備え付けの焚き火台やBBQグリルも自由に使えるなんて、なんとも贅沢です! 
 コテージは3タイプから選べ、冷暖房、キッチン、シャワーもしくはお風呂付き。テラスには焚き火台、BBQグリルがあるので、外で過ごす時間もたっぷり楽しめます。
 富士山の麓での、様々なアウトドアアクティビティープランも用意され、富士登山や樹海・洞穴トレッキング、カヌー、MTBなどが楽しめます。アウトドア好きの人も満足できるアウトドアリゾートの誕生です!

プレミアムなBBQ体験を!

富士山麓の食材を活かしたBBQメニューがセットに(写真は一例)。BBQエリアかコテージテラスで自分たちが調理するスタイル。

テントサイト、コテージ宿泊者は自分たちで作るホットサンドで朝食。ピクルスを前日から漬け込むなど、料理作りも楽しめる。

宿泊は 5タイプ!

オリジナルドーム型テント・アメージングドーム

屋根の半分は透明になっていて、室内にいながら自然を感じられる。ハンモックや焚き火台が常設されているので、くつろぎタイムには、ぜひ活用したい。天体望遠鏡も借りられる。

・定員:4名・13棟 ・料金:12,000~22,000円(1名 1泊2食付き/税込み)

ちょっとリッチなテントサイト

ウッドデッキ付きのテントサイト。ベンチテーブルや焚き火台、BBQグリル、AC電源もある。テントの前に車も停められるので、荷物の出し入れも楽。水場、トイレも最新式で清潔だ。

・定員:6名・11区画・料金:8,700~14,500円(1名 1泊2食付き/税込み)

ゴージャスに泊まるならラグジュアリーコテージ

2階のテラスから富士山を望むことができる開放的なコテージ。4人でもゆったり過ごせる広々スペースは、贅沢度満点。食事はテラスでのセルフクッキングかレストランかを選べる。

・定員:4名・2棟・料金:16,500~39,000円(1名 1泊2食付き/税込み)

自宅のようにくつろげるスタンダードコテージ

森の中にあるロッジのような気分が味わえる。6人まで泊まれるから、グループや家族にもあすすめ。コテージによって、テラスでセルフクッキングか、レストランで食事の2タイプ。

・定員:6名・10棟・料金:11,700~32,250円(1名 1泊2食付き/税込み)

シンプルに泊まれるトレーラーコテージ

トレーラーコテージは、なんと床暖房付き! 室内は広々設計でウッドデッキテラスもあり4人でもゆったり。食事はセルフプランのみ。シャワー、トイレ、冷暖房完備。

・定員:4名・14棟・料金:13,300~27,000円(1名 1泊2食付き/税込み)

施設& アクティビティー

マウンテンバイク体験

マウンテンバイクをはじめとした、様々なアウトドアアクティビティが体験可能。初心者でも楽しめるとのこと。

レストランで食事も

アメージングドームやコテージ泊ではレストランでの食事も選べる。本格ピザ窯があるなど、味は保証付き。

シャワールームもきれい

宿泊者が利用できるシャワールームは、子供と一緒でも悠々使えるサイズ。パウダールームも広くて快適。

広々ゲストハウス

受付やショップがあるゲストハウスは中央に焚き火スペースがある。自由にくつろげるスペースだ。

PICA Fujiyama

アクセス:中央自動車道河口湖ICから10分。東名高速道御殿場ICから東富士五湖道路経由で42分。富士急行線「河口湖駅」から無料巡回バスかタクシーで15分。
予約はオンラインで受付中! https://www.pica-resort.jp/fujiyama/

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプの知識・テクニック 』新着ユーザー投稿写真

『 キャンプの知識・テクニック 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • 12/7(金)最終選考会にて決定 今年の1台、決まる。日本カー・オブ・ザ・イヤー 2018-2019 1980年の第1回開催から39年。今年はどのモデルが栄誉に輝くのか。
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』