サウナテントでととのいました!アウトドアの新しい楽しみ方を体験

2021.01.12

サウナテントで贅沢なアウトドア体験を!

サウナ愛好家を「サウナー」と呼び、漫画化やドラマになるほどサウナがブームになっています。男女問わず人気で、プロサウナーと呼ばれる極めた存在の人まで登場しました。サウナーたちが口を揃えていうのが「最高の快感が得られたときに感じる『ととのった』瞬間を体験した人は、もうサウナから離れられない」ということ。それは、とてつもない快感なんだそうです…!

サウナがブームになる中、アウトドア界では「サウナテント」が密かな話題に。その名の通り、テントをサウナにしてしまったも道具のことで、耐熱生地のテントの中に、薪ストーブを設置し排気用の煙突で煙を天井から外に逃がしながら、テント内をサウナ状態にしていきます。

通常のサウナと違ってプライベートな空間で楽しめ、温度や湿度の調整も自分次第。サウナストーンがあるタイプなら、薪ストーブの上で熱したサウナストーンに水をかけ、蒸気を発生させる“ロウリュウ”も好きなタイミングですることができます。

「BE-PAL FOREST CAMP 2020 @オンライン」では、そのサウナテントをBE-PALきってのサウナ愛好家であるカメラマン兼転覆隊員サウナー小倉と、サウナプロモーター小沢清人の2人がライブ体験しました!

カメラマン兼転覆隊員サウナー小倉(左)、サウナプロモーター小沢清人(右)

写真中央にあるサウナテントは、シベリア生まれのモビバ/バックパックサウナです。バックパックに収納可能で、なんとストーブまでその中に入ってしまうというスグレモノ! どこでも持ち運びができるので、川原などに設営すれば川を水風呂として利用できます。なんて贅沢なんでしょうか!

「スチームサウナタイプなんですが、無限ロウリュウが楽しんでいるような感じですね。永遠にととのっていられる気がします!」とサウナー小倉。即購入します! と宣言していました。

バックパックになるタイプより大きめなモビバ/モバイルサウナは、サウナストーンでロウリュウが楽しめます。

サウナストーンに水をかけるとジュワーといういい音ととともに蒸気がブワーと溢れ出していきます!

「ロウリュウとして使う水の中にヴィヒタを入れておくと、蒸気とともに香りもテント内に広がって気持ちいいですね。サウナストーンの音、香り、そして屋外からの音も相まって最高です」とサウナプロモーター小沢も大絶賛です。

「サウナテントがあれば、現状のような苦しい状況でも乗り越えられるんじゃないかと思います。サウナテントをバックパックに入れて、フィールドに出て自然を楽しみつつ、サウナも楽しむ。最高ですよね。ヴィヒタは白樺を束ねたものだったりするので、インドアと思われがちなサウナは意外と自然派。アウトドアとサウナの親和性を感じます」(小倉)

「サウナテントと聞くと、面倒なイメージがあるかもしれないんですが設営も簡単ですし、思ったよりコンパクトにもなります。荷物を減らしたい人は、薪は現地調達してもいいですしね。想像以上に楽に体験できることがわかりました」(小沢)

YouTubeでは、体験している様子を配信中!

BE-PALのYouTubeチャンネルでは、サウナテントを体験している様子を動画でも配信しています。サウナー2人のリアルな声をチェックしてみてください!

 

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 キャンプの知識 』新着ユーザー投稿記事

『 キャンプの知識 』新着ユーザー投稿写真

『 キャンプの知識 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。