焚火の暖房効果を増大!ブッシュクラフトでリフレクターを作ろう!

2020.11.19

私が書きました!
フリーライター
アサノダイスケ
秋田県在住。幼少期に父に連れられて行ったキャンプでアウトドアに目覚め、妻ともアウトドアがきっかけで知り合い、結婚しました。毎週末、妻とキャンプに出掛ける日々を送っています。目下の目標は「雪山での雪中キャンプ敢行」で、それに向けて着々と準備中です。

リフレクターは手軽に作れる暖房器具

焚火の熱をリフレクターに反射させれば、効率よく暖を取れる

寒い季節のキャンプは、暖房が必須です。湯たんぽやホッカイロ、ダウンジャケットなどの電源を必要としない道具は重宝しますが、暖房能力はいまひとつなものもあります。

そこで石油ストーブやガスストーブをキャンプ場に持ち込んで、手っとり早く暖を取るキャンパーもいるでしょう。しかし焚火にひと工夫を施すだけで、普通に焚火をするよりも格段に温まれる方法があることをご存知でしょうか。

その方法とは、焚火の熱を反射させるためのリフレクターを作ること。

今回はキャンプ場や山に落ちている木の枝を利用して、ブッシュクラフトでリフレクターを作る方法をご紹介します。斧やナイフを持っていれば誰でも簡単に作れるので、ブッシュクラフトの入門としてもおすすめです。

これからの寒い季節、焚火の輻射熱を最大限に利用して暖を取り、快適にキャンプを楽しみましょう。

リフレクターの作り方

比較的まっすぐな枝を4本、同じくらいの長さに揃える

リフレクターを作るには、キャンプ場や山に落ちている木の枝を使います。必ず落ちている枝のみを使用してください。生えている木から枝を切り落とことはやめましょう。

比較的まっすぐな枝を4本準備し、同じくらいの長さに揃えます。お使いの焚火台の高さに合わせて、枝の長さを調整しましょう。

斧やナイフを使って、枝を杭に加工する

枝の片側の先端のみ、斧やナイフを使って尖らせ、杭に加工します。地面に刺すための杭ですので、ある程度とがっていれば大丈夫です。

斧やナイフを使う際は、誤って怪我をしないように細心の注意を払って作業しましょう。

先端を尖らせた杭を4本作る

準備したまっすぐな枝4本を、全て杭に加工します。

あまり削り過ぎると枝の長さが短くなってしまいますので、気を付けましょう。

4本の杭を地面に刺す

先ほど作った杭を、写真のように地面に刺します。

並んだ3本の杭に挟み込むように、枝を横にして渡しますので、杭の間は枝1~2本分程度の隙間を空けておきましょう。

杭の間に枝を重ねて、壁のようにしたらリフレクターの完成。

杭の間に枝を重ねると、壁のようになります。これでリフレクターは完成です。なるべく隙間ができないように枝を重ねると、より効果を発揮します。

焚火の風防の役目を果たし、焚火の熱を反射させて効率よく暖が取れます。とても簡単に作れて、焚火と併せて使用すると効果が抜群に良いのでおすすめです。

リフレクターひとつで、風防と反射板の役割を果たす。

焚火は風が直接当たると、薪の燃焼が早まり、火が長続きしません。そのうえ火力が必要以上に強くなることもあり危険です。

しかし風防としても活躍するリフレクターがあれば、焚火に直接風が当たらないため、火が安定します。

焚火から発生する遠赤外線は、リフレクターに当たると輻射熱として反射されます。この輻射熱だけでも十分に暖が取れるほど温かいので、リフレクターの効果はとても大きいです。

リフレクターに薪を置けば、薪の乾燥台としても活躍します。焚火にくべる前に薪内部の水分を乾燥させることで、薪が爆ぜたり、煙が出るのを防げます。

簡単に作れるリフレクターで、快適に焚火を楽しもう

簡単に作れるリフレクターは、ブッシュクラフトの入門におすすめ

リフレクターは木の枝を4本加工して杭にし、あとは枝を重ねるだけのシンプルな作り方。とても簡単なので、ブッシュクラフトの入門におすすめです。

寒い季節の焚火は、暖を取るための重要な役割を担っています。リフレクターは安定した火力を維持するのに役立ち、焚火の輻射熱を効率よく反射させ、焚火をとても快適にしてくれます。

もしリフレクターというものを知らなかった方や、作ったことが無いという方は、次回のキャンプでぜひ作ってみてください。リフレクターがあるのと無いのとでは、その差はとても大きいですよ。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 ブッシュクラフト 』新着ユーザー投稿写真

『 ブッシュクラフト 』新着編集部記事

おすすめ記事