NEMOの新作テント「ダークティンバー4P」を試してみた!

2017.06.03

 レクタングラー型(長方形)タープと、つり下げ式インナーテントを組み合わせたスタイルが増殖中だ。

 そのひとつ、「ニーモ」の「ダークティンバー4P」(5万8000円)を試してみた。

設営がカンタン!

 ニーモのタープは、ゴム状のベルトを幕体の稜線部に組み込んでいて、張り綱の間隔を2m(ポールの長さ)にあわせてペグダウンすれば、スピーディーに美しく設営できるという「スプリングリンクテクノロジー」を搭載。初心者がひとりでも設営できる親切設計だ。

「ダークティンバー4P」も同様のシステムで、まずタープを建ててから、インナーを装着する。

 張り綱の間隔を2mにしてペグダウンすれば、あとは微調整の必要なし。一発で決まるのが心地いい。

 ポールを通すのは、グロメットではなく、幕体に取り付けられている金具。ゴム状のベルト部分にグロメットが装着されているわけではないので、ゴムへの負担はなさそう。

 一般的なタープは、慣れていれば、自在金具を調整しつつ、1本ずつポールを建てて設営することもできるが、最初はもたつくもの。できれば2人以上で設営したい。

 ところが、ニーモのタープは、ポールを1本立てると、稜線部のゴムが適度なテンションをかけつつ伸びていくので、片側のポールが外れたり、倒れたりすることがない。ひとりでも落ち着いて設営できる。

 タープにインナーテントを装着する。インナーテントのバックルを、タープに装備されているバックルにはめ込むだけで8割方完成する。

 あとはポールを伸ばし、インナーテントのボトム部分6カ所をペグダウンすれば完成。ミリタリー風味の渋いカラーなので、釣りにもよさそうだ。

 4人就寝用とうたわれているが、フロアサイズは254×254cmで、寝袋を敷いた際、足下に50cmほど余裕が生まれる。また、198cmという男性が無理なく直立できる高さなのも、広く感じる理由。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 テント 』新着ユーザー投稿記事

『 テント 』新着ユーザー投稿写真

『 テント 』新着編集部記事

おすすめ記事

  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • プレゼントクイズ 応募はこちら
  • ライフスタイルマガジン『b*p』