9,900円とは思えぬ上質さ。創業70年の鍛冶屋が作るフォールディングナイフ | BE-PAL

9,900円とは思えぬ上質さ。創業70年の鍛冶屋が作るフォールディングナイフ

2021.07.20

「トヨクニ」は、日本有数の刃物の産地、土佐(高知県)で70年以上刃物を作り続けている鍛冶屋である。鉈や包丁などの伝統的な刃物だけでなく、アウトドアユーザー向けにさまざまなナイフも製造している。このフォールディングナイフ「MASAMO 005 遊」もそのひとつ。ブレードは錆びにくいステンレス製。刃長は7.9cmと、長すぎず、短すぎず、ちょうどよい長さ。ハンドルの根元の口金は洋白、ハンドル内側の中板は真鍮。金属の素材を買えることで色の違いが生まれて、ナイフの個性となっている。ハンドルはココボロ製。ココボロは中南米原産のマメ科の広葉樹で、硬くて耐久性があることで知られている。明るい色、暗い色、木目の筋が太いもの、細いものなど、1本1本表情が違う。9,900円で世界に2つとない自分だけの1本が手に入るなんて、とてもお徳です。

折りたたんだときの長さは約10.8cm。手のひらに収まるサイズ。

ハンドルの背にロックスイッチ。ブレードを閉じるときはここを押す。

ハンドルのココボロ材の色の違い。どんな色のものがくるかはお楽しみ。

9,900円

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

フォールディングナイフ「MASANO 005 遊」

https://www.pal-shop.jp/item/A55104009.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿写真

『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。