ビーパル通販売れ筋! 刃長10~12cmの「キャンピングナイフ」ベスト5 | BE-PAL

ビーパル通販売れ筋! 刃長10~12cmの「キャンピングナイフ」ベスト5

2021.05.04

上はJOKERの「スタッグハンドル・アウトドアナイフ」。重量145g。下は同じく「ファイヤースチール付き ブッシュクラフトナイフ」。重量183g。

シースナイフ(ブレードを鞘〔シース=Sheath〕にしまうナイフ)は、折りたたみナイフにくらべて構造が単純なので、頑丈かつ扱いやすい。料理から薪割りまで幅広い用途に使えるのが魅力だ。ビーパル通販で人気があるのは、刃長が10~12cmのモデル。大きすぎると持ち運びに不便だし、威圧感も強い。小さすぎると力をかけにくく使いにくい。刃長10~12cmはちょうど使いやすい大きさといえる。そのなかでも人気の5つを紹介する。

1 、鹿角ハンドルの1点モノ! 「スタッグハンドル・アウトドアナイフ」 

ナイフのハンドルの素材は、木材や合成樹脂が多いが、これはスタッグ(鹿の角)。天然素材だからひとつずつ模様や形がちがって、1点モノを所有する喜びがある。にもかかわらず、価格がおさえめなのがうれしい。製造しているのは、スペインの「JOKER(ジョーカー)」。同国のアルバセテという刃物の町で、1987年に創業した比較的新しいメーカーだ。

・スタッグハンドル・アウトドアナイフ:12,650円

https://www.pal-shop.jp/item/A55103002.html

スリムな革のシースが付属する。

刃厚が0.35cmと薄めなので、料理に使いやすい。包丁のように、ブレードの根元に“アゴ”も付いているので、ジャガイモの芽取りなどもできる。ブレードの素材はステンレスなので錆びにくい。

 

2 、フルタングで刃は薄め! 「ファイヤースチール付き ブッシュクラフトナイフ」 

最近は、鉈のかわりにナイフで薪割りをする人が多く、薪割りのできる丈夫なナイフが求められている。このナイフも、フルタング構造(ブレードの素材がハンドルの後端まで貫通している)だから頑丈で、バトニング(ブレードの背を薪や棒で叩く)での薪割りに耐えられる。それでいて刃は薄め(0.37cm)なので、料理にも使いやすい。近年、ファイヤースチールで火おこしをする人も多いが、このナイフにはファイヤースチールが付いていて、なおかつシースに装着できる。重量約183g。

・ファイヤースチール付き ブッシュクラフトナイフ:19,580円

https://www.pal-shop.jp/item/A55103002.html

ハンドルは手ざわり良好なウォールナット材。革製シースのポケットにファイヤースチールを装着できる。

ファイヤースチールのほか、ファイヤースチールをこするためのストライカー(下)も付属。

ブレードの素材がハンドルの後端まで貫通しているフルタング構造。ブレードの素材はステンレス。

バトニングで薪割り。

 

3、研ぎやすい白鋼! 「鍛造フルタング アウトドアナイフ〈独遊〉」 

日本有数の刃物の産地、高知県の鍛冶屋「トヨクニ」が白鋼を叩いて鍛えたコンパクトナイフ。白鋼は炭素を多く含み、切れ味が鋭く、研ぎやすい。フルタング構造なので、バトニングにも最適。ハンドル部分にはパラシュートコードが巻かれていて、4つの色から選ぶことができる。

・鍛造フルタング アウトドアナイフ〈独遊〉:13,900円

https://www.pal-shop.jp/item/A55104002.html

「鍛造フルタング アウトドアナイフ〈独遊〉」。重量180g。ハンドルのパラコードの色は、上から「ブラック」「グレー」「オレンジ」「グリーン」。ブレードの表面には鍛造ナイフならではの槌目が施されている。

牛革ケースが付属。

刃厚は0.45cm。頑丈さは十分。

4、G10ハンドル、カイデックスケース! 「アウトドアナイフ〈MASANO〉」 

こちらもトヨクニ製だが、ブレードはステンレス、ハンドルはG10(ガラス繊維を固めた素材)、シースはカイデックス(合成樹脂)という現代的なスタイル。ファイヤースターターも付属している。海外でも人気の高いトヨクニが海外のアウトドアユーザー向けに企画したモデルである。水濡れを気にせずに使うことができるので、川や海に持っていくのにピッタリ。

・アウトドアナイフ〈MASANO〉:16,500円

https://www.pal-shop.jp/item/A55001002.html

アウトドアナイフ「MASANO」。重量380g。

カイデックスとナイロンの薄型シース。

カイデックスのシースにファイヤースチールを装着することができる。

シースの裏側には開閉式のベルトループも付いている。ズボンのベルトをはずさなくても、ベルトに装着することができる。

フルタング構造なのでバトニングもOK。刃厚は0.4cm。はまぐり刃(ブレードの断面がはまぐり状に丸みを帯びている)に仕上げているので頑丈。

5、ナイフ感覚で扱える! 「多喜火鉈」 

最後の1本は鉈だが、ナイフ感覚で扱えるのでご紹介したい。刃の幅が狭いスリムな形なので、とても軽い。薪を割る作業だけでなく、薪を削って焚き付けを作るという作業にも使いやすい。製造しているのは、新潟県三条市の「BABACHO」。明治25年創業の金物卸問屋、馬場長金物が新しく立ち上げたブランドだ。

・多喜火鉈:9,350円

https://www.pal-shop.jp/item/A55008006.html

BABACHOの多喜火鉈。重量300g(シース含む)。

牛革製の鞘が付属。スナップボタンで2か所を固定できるので安全。

SK鋼のブレードの根元をウォールナット材で挟み込むようにした独特の形状。フルタング構造なのでとても丈夫だ。刃厚は0.5cm。

鞘はベルトに装着可能。

鉈は片刃のものも多いが、これは両刃。薪をまっすぐ割りやすい。

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿写真

『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。