カンニングペーパーなみの威力!? 中南米の「マチェテ」にも似た進化形鉈 | BE-PAL

カンニングペーパーなみの威力!? 中南米の「マチェテ」にも似た進化形鉈

2021.04.12

この「一撃Hatchet」を見たとき、以前コスタリカで見た「蛮刀」を思い出した。柄が短くて、刃が長い。刃の厚さは薄くて、持つと軽い。現地のネイチャーガイドさんは、山道を歩きながらヤブを払うのに使っていた。刃が薄くて軽いから、振り下ろしやすいのだろう。倒木の裏に毒蛇が隠れていないか探ってみる、なんていうときにも使っていた。今調べてみると、スペイン語で「machete(マチェテ)」(山刀)といい、中南米で一般的に使われている刃物のようだ。

「一撃Hatchet」も、柄が短く、刃が長くて、薄い(柄:14cm、刃長:24cm、刃厚0.25cm)。マチェテと違うのは、刃が2つついていること。先端側半分は鋭角の刃がついていて、ヤブ払いに適している。根元側半分は鈍角の刃がついていて、薪割りに適している。マチェテと鉈のいいとこどりをしたような作りとなっている。ちなみに「machete」をスペイン語辞典で調べてみると、「カンニングペーパー」(アルゼンチン、コロンビア)、「有能な人、力持ち」(ベネズエラ)などの意味もある。「困ったときの切り札」のようなニュアンスだろうか。「一撃Hatchet」があなたの切り札となりますように。

根元側の刃の上部には、バトニングのときにすべらないようにデコボコが刻んである。

先端の刃は鋭いので細かい作業もOK。

枝落としにも。刃はステンレスなので錆びにくい。

22,000円

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

進化形鉈「一撃Hatchet」

https://www.pal-shop.jp/item/A55104003.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿記事

『 刃物・マルチツール 』新着ユーザー投稿写真

『 刃物・マルチツール 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。