アウトドアに持っていくスピーカーは「JBL Charge 4」で決まり!

2019.11.13

JBL Charge 4

JBL Charge 4

スマホ充電も可能な高音質Bluetoothスピーカー!

暑すぎず寒くもない、紅葉も始まりつつあり星空もきれいな、今はキャンプに絶好の季節です。そんな季節に仲間と一緒に行くキャンプで、音楽を聴きたいっていう人も少なくないですよね。

どうせ持っていくなら、良い音で聴きたいもの。でもポータブルで、だだっ広い空間でも良い音を響かせるスピーカーなんて、そうそうあるもんじゃありません。(もちろん周囲にキャンパーがいるときには厳禁ですよ)

そんな中で、おすすめなのが「JBL Charge 4」です。

7500mAhのリチウムイオンバッテリーを内蔵し、連続再生時間は約20時間。大きさは220×95×93mmで、重さは960gUSBポートを備え、スマホなどの充電も可能です。もちろんIPX7相当の防水性も備えているので、雨などで少々濡れるくらいなら、気にせず使い続けられます。

部屋でも外でも高音質なサウンドが聴ける!

こうして列挙すると「ふーん……アウトドアにピッタリな機能性の高いポータブルスピーカーだな」って分かると思います。これだけでキャンプ用スピーカーとして購入するのには十分です。でも、もっと重要なのが、サウンドですよね。

サウンド面での最大の特徴は、パッシブスピーカーを2基搭載している点です。

どんな音が聴けるのかと、さっそく電源をONにすると、「いま立ち上がりました!」というような、電源が付いたことを知らせる音が鳴り響きます。この時のサウンドを聴くだけで、このスピーカーの「只者じゃない」感が伝わってきます。

JBL Charge 4

JBL Charge 4

はじめは部屋の中で使いましたが、中・高音域はもちろん低音域も豊かなサウンドが響いてきます。筆者は過度な重低音が嫌いなのですが、同機の場合は、低音から高音までが好みのバランス。リズムを刻む低音が、程よく空間に響きつつも、「俺の低音を聴いてくれ!」っていうような変な力みを感じません。だから、ボーカルの声を聴きつつ、心地よいリズムが刻まれているといった雰囲気です。

さすがJBLだなぁと思いました。これだけコンパクトなのに、クオリティの高いサウンドを聴かせてくれます。

でも今回重要なのは、その心地よいサウンドを、アウトドア環境でどれだけ再現できるかにあります。

そこで芝生の広がる外へ持ち出してみました。

アウトドアで音楽を聞くと、シャカシャカした軽い音だけが目立ち、ボーカルの声がわずかに耳に届いてくるといったサウンドを、イメージしませんか? もしくは、色んな楽器の音や、ボーカルの声が、一緒くたにグチャっと丸まったように聴こえてくるような……。

JBL Charge 4は明確に違います。部屋の中で聴いたイメージと、それほど変わらない上質なサウンドを届けてくるんです。

スピーカーを芝生の上に置き、それほど良いソースとも思えない、YouTubeで音楽を聴いてみました。それでも中高域が透き通るようにクリアなため、ボーカルの声もキレイに聴こえ、各パートの音や声の分離が良く、それぞれの音がしっかりと耳に伝わってきます。「単なる音」ではなく「音楽」が聴こえてくるんです。

スピーカーの音がチープだと、音量を上げたくなるもの。ですがJBL Charge 4なら、音が明瞭に聴こえるので、過度に音量を上げる必要がないんです。

JBL Charge 4のサウンドが良い理由

JBL Charge 4には、パッシブラジエーターが2基搭載されていると上述しました。これは、通常のスピーカーでは目立たなくなる、低音を補強するために加えた、サブのスピーカーユニットです。

JBL Charge 4

低音を補強するために、サブウーファーを追加したり、バスレフ型スピーカーを採用したりするのはよく聞きます。どちらも有効な方法ですが、アウトドアにサブウーファーを持っていきたくないし、バスレフ型では防水面で心配です。

そのため、特にポータブルスピーカーで多用されているのが、パッシブラジエーターです。でもJBLのパッシブスピーカーは、他とは一線を画しています。同社は1960年代には、名品とされるスピーカーユニット「LE8T」と併用するための、パッシブラジエーター「PR8」を開発しています。

「パッシブラジエーターって良い音が鳴るらしいから、使ってみよう!」なんて、軽いノリで採用しているわけじゃありません。パッシブラジエーターを、半世紀以上に渡ってブラッシュアップさせてきたのが、JBLなんです。

JBL Charge 4」には、そんなJBLの技術がコンパクトにギュッと詰まっていると言えます。ミュージックラバーでもあるオートキャンパーであれば、迷わず持っていきたい一品です。

JBL Charge 4

取材・文/河原塚英信
この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事