「すごく便利!」とネットで話題の、セリアの人気キャンプグッズ5つ | BE-PAL

「すごく便利!」とネットで話題の、セリアの人気キャンプグッズ5つ

2021.07.24

キャンプのときに感じる、ちょっとした不便を解消してくれるグッズはあると便利です。そこで「これは買って良かった」とネットで評判の100円ショップセリアのキャンプ便利グッズを5つご紹介します。

シェラカップリッド

シェラカップリッド 110円。

最初にご紹介するのはシェラカップリッド。シェラカップのフタです。
特徴は直径12cmのシェラカップにピッタリサイズなところ。まるで最初から付属品だったかの如く、気持ちよくシェラカップの口に収まります。

シェラカップの口にピッタリ収まります。

このピッタリサイズのフタを手に入れることにより何ができるようになるかというと、直火可能なシェラカップを使って炊飯が出来ちゃうんですね。セリアのシェラカップリッドを使って、炊飯したという人がその様子を次々とネットにアップしています。

シェラカップリッドには、熱くなったときにカラトリーなどにひっかけて外せる穴があります。

このシェラカップリッドは110円という価格からイメージする軟弱さは感じられず、しっかりとしたつくりになっています。その理由は裏面の説明にヒントが。この商品は金物の町、新潟県燕市のエコー商事とセリアが共同企画した商品とのこと。made inChinaですが、クオリティーにはそのプライドが感じられます。
しっかりとしたつくりのフタなので、お皿やまな板としても利用可能。もちろんホコリや虫などからも中身をしっかりガードしてくれます。これで110円なら、見つけたら即買いですね。

エッグケース

エッグケース 110円。

次にご紹介するものはエッグケース。卵を持ち運びたいというときに便利なグッズです。このエッグケースは内側に3本の爪がついているところが特徴。上下の爪で卵を支えているので、直接的な衝撃を回避できるようなつくりになっています。

内側上下にはそれぞれ3本の爪がついています。

サイズは8.3×10.7×6.85cm。Mサイズの卵が適応サイズです。キャンプで卵を使った料理を考えている方、持ち運びに便利なので、使ってみてはいかがでしょうか。

火起こし器

火起こし器 110円。

ここからは着火に便利なグッズを3つご紹介します。
1つ目は、火起こし器。BBQなどで手間と時間がかかる火起こしが簡単にできると、春に登場した際には瞬く間に品切れとなった商品です。
底に丸めた紙や着火剤を詰め、その上に木炭や薪を隙間を残しながら立て入れ、下の穴から着火すればOK。数分間で見事に着火します。下に穴があいているので、うちわなどで扇ぐとさらに着火がスムーズに。

底部分には穴があいているので、下からうちわなどで扇ぐとさらに着火がスムーズになります。

火起こし器も最初にご紹介したシェラカップリッド同様、新潟県燕市のエコー商事とセリアが共同企画した商品です。
筆者が行ったセリアの店舗には在庫がありましたが、またいつ品薄となるかわからないので、こちらも見つけたら迷わず買ったほうが良さそうです。

チャークロス

チャークロス 110円。

2つ目は、こんなものまで100均で売っている!と話題になった商品、チャークロスです。チャークロスは炭化させた綿布。使い方は、別売りのファイヤースターターなどでチャークロスの上に火花を散らし、ほぐした麻紐や小枝などで包み込みながら、小さな火種を炎に育て、焚火をつくります。

炭化されているので綿布も簡単に切れます。

小さな火種も安心して炎に育てられるので、焚火に活躍するグッズです。サイズは10×10cm。綿素材ですが、炭化しているので簡単に切ることができます。

シェービングウッドチップ

シェービングウッドチップ 110円。

最後にご紹介するのはシェービングウッドチップ。杉の木を削り出し、油分を含ませた着火用ウッドチップです。先にご紹介したチャークロス同様、火種を大きくしてくれるグッズ。着火はライターやマッチを使えば簡単ですが、火打石など原始的な火起こし体験もキャンプの醍醐味です。

杉の木を削り出し、油分を含ませた着火用ウッドチップ。

そんな火起こしにチャレンジしたいときには、火種を育ててくれるグッズはあると便利。110円とリーズナブル価格で手軽にそろえられるのでおすすめです。

ダイソーなど他の100円ショップでは550円、1,100円など高額商品を登場させていますが、セリアは110円という価格にこだわり続けています。その価格という最大の課題を抱えながらも、人気のキャンプグッズを次々と登場させるセリア。これからも目が離せません。

※価格はすべて税込み価格。店舗によって品揃えが異なり、在庫がない場合があります。また掲載商品については廃盤、仕様変更等となっている場合があります。

文/栗山 佳子

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿記事

『 アウトドア雑貨・小物 』新着ユーザー投稿写真

『 アウトドア雑貨・小物 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。