焚き火台って、深くて間口が広いほうが結局は使いやすくない? | BE-PAL

焚き火台って、深くて間口が広いほうが結局は使いやすくない?

2020.10.03

本日15時~BE-PAL 公式YouTubeにて開催予定の【BE-PAL FOREST CAMP2020@online】(詳細はこちらhttps://www.bepal.net/event/111678)では、BE-PALの通販ライブ&プレゼント大会が開催されます!キャンプに役立つ人気商品をオンライン生ライブで実演紹介。夜は焚き火のプログラムもあるのでお見逃しなく!

今回はキャンプで本当に使える、優秀な「焚き火台」をご紹介します。

最近のコンパクトな焚き火台はだいたい次の2種に大別される。ひとつは深型で間口(焚き火台の直径)が小さいタイプ。もうひとつは火床がメッシュのものに代表される浅型タイプ(浅型というか側面そのものがない)。どちらも軽量で持ち運びしやすいのはすばらしいが、前者は薪をくべにくいのがデメリットで、後者は薪はくべやすいもののの、薪をたくさん載せるとくずれ落ちやすいのがデメリット。……で、その両者とは一線を画す焚き火台が、北海道の/moose/ roomworks(ムース ルームワークス)から登場した。「/FIRE STAND/ ~灯篭~」である。これは焚き火台に珍しい五角形で、バケツのように深型をしている。かがり火をたくかのように薪を無造作にポンポンと放り込んでおける形状だ。深型とはいっても、側面には五角形の小さな飾り窓がたくさんあいていて、ローテーブルに座りながらでも、炎を眺めることができる。パーツは薄いステンレスプレートで構成されているので、薄くたたんで持ち運ぶことができる。というわけでコンパクトさも合格点だ。すでに焚き火台を持っている人も、2台目、3台目の焚き火台としていかがだろうか。

付属の五徳(2枚のプレートを交差させる)を付けた状態。

全セット品。火床は灰受け(左下)とロストル(中央)の2段式。

コットン製のファスナー付きポーチが付属する。

12,800円

※この商品は[通販サイト]「大人の逸品」から購入できます。

/FIRE STAND/ ~灯篭~

https://www.pal-shop.jp/item/A55010005.html

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 焚き火 』新着ユーザー投稿記事

『 焚き火 』新着ユーザー投稿写真

『 焚き火 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。