万能調理器具「メスティン」のお手入れ方法&オススメレシピ | BE-PAL

万能調理器具「メスティン」のお手入れ方法&オススメレシピ

2021.01.01

2020年はメスティンが大人気だった。何気ない料理がちょっと特別に見える“映え”要素もあり、価格も手ごろ。軽量でコンパクトなので、1人ごはんにもピッタリだ。またこれ1つでごはんを炊くこともできれば、煮たり炒めたりも朝飯前。上級者になると燻製に使うこともできる。今回はそんな万能料理器具、メスティンを使ったレシピやお手入れ方法の記事をまとめてみた。

メスティンを手に入れたらやるべき儀式「シーズニング」

方法は米のとぎ汁で煮て、20分ほど置きます。

メスティンは有名ブランドでも2000円前後で購入できるリーズナブルさが魅力。さらにあのダイソーでも500円(税抜き)で、「メスティン(ハンドル付き)」という商品があり、品薄状態になるほど人気が高まっている。運よく店頭で見かけることができたら、最初にするべき作業は「シーズニング」。これによって焦げ付きを防止し、独特の金属臭を防ぐことが可能になる。使う前の儀式として必ずやってほしい。

話題沸騰中の「ダイソーのメスティン」をシーズニング。方法・手順を解説

https://www.bepal.net/gear/cookware/102873

 

湯切り不要!メスティンでつくる「トマトクリームパスタ」

ダイソーメスティンはパスタ1束を茹でるのにちょうど良いサイズ感だが、2つに折って入れる必要がある。

ダイソーのメスティンを使った「エビとベーコンのトマトクリームパスタ」のレシピを紹介。ポイントは茹でたパスタのお湯を捨てる必要がないので、炊事場がない野外でも気軽に作れること。またゴミを最小限におさえるために、トマト缶ではなくパックのトマトジュースを選んでいる。作業工程は食材を切って入れるだけで、トータル15分で完成する。

ダイソーメスティンで作る!湯切り不要、15分でできるトマトクリームパスタ

https://www.bepal.net/cooking/106326

 

メスティンを2個使いした時短レシピ「スープごはん」

ひとつのストーブの火力だけで2個のメスティンを同時に加熱し、それぞれ料理がつくれます!

人気のダイソーメスティンだが、できれば2個買いがおすすめ。2個重ねて1つのストーブに乗せれば、ごはんとおかずを同時につくることが可能となるのだ。そんな時短の知恵を紹介してくれたのが、アウトドア系の人気ユーチューバー・winpy-jijiiさん。さらに元プロの料理人でもある氏考案による、ダイソーメスティンを2個使った「スープごはん」のレシピも紹介している。スープはレトルトを使っているので、失敗せずに作ることができそうだ。

ダイソーのメスティンを2個使い!人気YouTuber『winpy-jijii』の簡単スープごはんレシピ

https://www.bepal.net/cooking/114329

 

専用の道具は不要!メスティンで作れる簡単燻製のコツ

溶けやすいチーズや、転がりやすいうずらの卵、網から落ちそうなナッツは、アルミカップにのせるのがコツだそうです。

専用の道具がなくてもメスティンさえあれば、燻製料理も簡単にできます。必要な道具はメスティンのほか、食材をのせる蒸し網とアルミホイル、スモークチップ、バーナー、バーナーパットのみ。あとはすき間がないようメスティンをアルミホイルで覆い、スモークチップと蒸し網をセットすれば準備完了です。そこに乾燥などで下処理した好きな食材を入れ、点火すればOK。注意点はバーナーの炎が一点集中にならないようバーナーパットを使い、煙が出たら必ず弱火にするなどの注意点に気を付けよう。

ソロキャンプにもおすすめ!メスティンで簡単に作れる燻製

https://www.bepal.net/cooking/106777

 

汚さない工夫に!クッキングシートの「メスティン折」

サイズ違いのメスティンはスタッキングすることもでき、コンパクトにまとまるのも魅力だ。だがその際に問題となるのが後片付け。かなりきれいに洗わないと気持ち悪く、連泊の際も然り。そこでクッキングシートを活用してできるだけ汚れないようにする方法もあるが、その際にぜひ試してほしいのが折り紙のようにシートを成形する「メスティン折」。こちらでは簡単にできるスティン折の型紙を公開している。

クッキングシートの「メスティン折」

pal.net/userpost_detail/1426

この記事をシェアしよう!

関連記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿記事

『 調理器具・食器 』新着ユーザー投稿写真

『 調理器具・食器 』新着編集部記事

おすすめ記事

【消費税の価格表記について】
記事内の価格は基本的に総額(税込)表記です。2021年3月以前の記事に関しては(税抜)表示の場合もあります。